カイア・ケイター Kaia Kater

カナダのモントリオール出身の自作自演歌手で、ギター、ピアノ、バンジョー奏者です。10代の間は、北米の音楽祭やキャンプで過ごし、2012年にEP盤「Old Soul」を出し、2014年に初アルバム「Sorrow Bound」を発表しました。2016年のアルバム「Nine Pin」では、第十二回”Canadian Folk Music Awards”の”Pushing the Boundaries”を獲得しました。2017年から2018年にかけては、ピート・シーガーへの追悼として”Grammy Museum”の招聘で、米国、カナダ、ヨーロッパ、英国各地で開催された音楽祭で広範囲に公演しました。彼女は自身の音楽的方向性に影響を与えた人物としてニーナ・シモン( Nina Simone )、エリカ・バドゥ( Erykah Badu )、ローリン・ヒル( Lauryn Hill )を挙げています。
Grenades
Kaia Kater
[収録曲]
  1. New Colossus
  2. Heavenly Track
  3. Canyonland
  4. Power! Power! Power!
  5. La Misère
  6. Meridian Ground
  7. Starry Day
  8. Death of a Dream
  9. Grenades
  10. Hydrants
  11. Everly
  12. The Right One
  13. Off the Plane
  14. Poets Be Buried
Kaia Kater - Grenades
Nine Pin
Kaia Kater
[収録曲]
  1. Saint Elizabeth
  2. Little Pink
  3. Paradise Fell [Explicit]
  4. Rising Down
  5. Harlem's Little Blackbird
  6. Past
  7. Nine Pin
  8. Fine Times at Our House
  9. Passing
  10. Viper's Nest
  11. White
  12. Harvest and the Plough
  13. Ti Chagrin
  14. To Come
  15. Hangman's Reel
Kaia Kater - Paradise Fell
Sorrow Bound
Kaia Kater
[収録曲]
  1. When Sorrows Encompass Me Round
  2. Southern Girl
  3. Sun to Sun
  4. En Filant Ma Quenouille
  5. Moonshiner
  6. Rose on the Mountain
  7. Oh Darlin’
  8. Valley Forge
  9. West Virginia Boys
  10. Salt River
  11. Come & Rest
Kaia Kater - Sun to Sun (Folk Alley Sessions)
Kaia Kater - Southern Girl
Kaia Kater - Everything Is Free (Gillian Welch cover) [Woods Stage @Pickathon 2017]