ケント・デューチェイン Kent DuChaine

1951年4月25日にミネソタ州ウェイザタで生まれました。現在はジョージア州フォート・ゲインズに住んでいます。6歳の時に父からウクレレの弾き方を教わり、音楽を始めました。13歳の時に初めてエレクロリックを手に入れ、地元の友人達とバンドを始めました。その後、エリック・キラプトンのアルバムのライナー・ノーツからブルースに興味を持ち、やがてロバート・ジョンスンを知り、スライド・ギターに魅せられて、1969年にはバター・ナイフを使ってスライド・ギターを独学しました。1970年にはブッカ・ホワイトの前座を務めました。1972年から75年にかけてキム・ウィルスンとバンドを組み、フェントン・ロビンスン、ブギ・ウギ・レッド、ルーサー・タッカー、ヒューバート・サムリン、エディ・バーンズらを伴奏しました。1989年にジョニー・シャインズのバンドに参加し、数多くの巡業をこなし、スヌーキー・プライアーとは「Back To The Country」を録音しました。シャインズとの友情と関係は、彼が死去する1892年まで続きました。自己名義アルバムは「Take A Little Ride With Me」、「Live In Loufiats」、「She's Irrisistible」、「Rough Cut」、「Live In Norderstedt」、「Blues Songs and Stories」などがあります。
Just Me & My Guitar
Kent Duchaine & Leadbessie
[収録曲]
  1. Cajun Queen
  2. Loa of Love
  3. Friend of Mine
  4. Blues So Bad
  5. Lisa
  6. Mean Ole World
  7. Edgemont Station
  8. Tribute to Muddy
  9. I Got The Blues
  10. She's Haunting Me
  11. Something For Emily
Kent Duchaine - Cajun Queen
Lookin Back
Kent Duchaine & Leadbessie
[収録曲]
  1. Can't be satisfied
  2. Little Red Rooster
  3. Preachin Blue's
  4. St. James Infirmary
  5. Travelin Riverside
  6. Trouble In Mind
  7. Bukka's Boogie
  8. Crossroads
  9. Boogieman
  10. Come Into My Kitchen
  11. Aberdeen Mississippi Blues
  12. Walkin Blues
  13. Sweet Home Chicago
  14. Shake Your Money
Kent Duchaine - St James' Infirmary
Kent DuChaine singing Robert Johnson's Last Fair Deal Gone Down