クリスティーナ・トレイン Kristina Train

1982年1月17日にニューヨークで生まれ、ジョージア州サバンナで育ちました。音楽好きな両親の影響で色々な音楽に親しみ、19歳の頃から歌手として活動するようになります。大学を卒業してジャズの名門レーベルであるブルーノートと契約して、2009年に初アルバム「Spilt Milk」を発表しました。
Spilt Milk
Kristina Train
[収録曲]
  1. Spilt Milk
  2. No Man's Land
  3. Don't Remember
  4. Don't Beg for Love
  5. It's Over Now
  6. You're Still Going to Lose
  7. Moon Rivers and Such
  8. I Can't But Help
  9. Call in the Maker
  10. Half Light
  11. Far from the Country
ロンドンで録音され、コリーヌ・ベイリー・レイやジェームス・ブラントを手掛けたジミー・ホガースがプロデュースを担当しています。
Kristina Train - Spilt Milk (Live)
クリスティーナ・トレイン
クリスティーナ・トレイン
[収録曲]
  1. こぼれたミルク
  2. ノー・マンズ・ランド
  3. ドント・リメンバー
  4. ドント・ベグ・フォー・ラヴ
  5. イッツ・オーバー・ナウ
  6. ユーアー・スティル・ゴーイング・トゥ・ルーズ
  7. 「ムーン・リバー」のような
  8. アイ・キャント・バット・ヘルプ
  9. コール・イン・ザ・メイカー
  10. ハーフ・ライト
  11. ファー・フロム・ザ・カントリー
  12. 天使のチカラ (MONO) (日本盤ボーナス・トラック)
Kristina Train Entrevue / Interview Showcase EMI Savoy