ラヴェル・ホワイト LaVelle White

R&B歌手で作曲家です。1929年7月3日にルイジアナ州バトン・ルージュ近郊のアミットで生まれました。12歳から詩作を始め、やがて曲作りとゴスペルを歌い始めました。15歳でテキサス州ヒューストンに移り、ブルース・クラブでクラレンス・ハラマン( Clarence Hollimon )の伴奏で歌い始めました。1950年代にデュークとピーコック・レーベルの運営者ドン・ロビーのクラブ、ブロンコ・ピーコックで歌い、1958年から1964年にかけてデュークから「If I Could Be with You」 、「Just Look at You Fool」、「Stop These Teardrops」、「The Tide of Love」など数枚のシングル盤を出しました。1960年にはデドリック・マローン( Deadric Malone )の名前でボビー・ブランド( Bobby Bland )のヒット曲「Lead Me On」を書いています。1978年にはイリノイ州シカゴに移り、9年間キングストン・マインズの専属歌手として活躍しました。1987年にテキサス州ヒューストンに戻って活動し、ブルース・クラブ、アントンズの女性歌手達にも多くの曲を提供しました。初アルバムは彼女が65歳の時と遅く、1994年にアントンズから「Miss Lavelle」を発表しました。その他は1997年「It Haven't Been Easy」、2003年「Into The Mistic」などがあります。
Miss Lavelle
Lavelle White
[収録曲]
  1. Yes, I've Been Crying
  2. Voodoo Man
  3. Why Young Men Go Wild
  4. You're Gonna Make Me Cry
  5. Stop These Teardrops
  6. Go to the Mirror
  7. For You My Love
  8. Lead Me On
  9. About the Facts of Life
  10. Wrappin up Our Love
  11. It's a Miracle
  12. Tin Pan Alley
Into the Mystic
Lavelle White
[収録曲]
  1. Soul Deep
  2. Into The Mystic
  3. Livin' For The City
  4. Today I Started Loving You
  5. Watch What You Do To Me
  6. Oh Happy Day
  7. Love In Return
  8. If (I Could Be With You)
  9. Lord I Want To Thank You
  10. Computer Blues
  11. At Last
  12. Movin'
Miss Lavelle White - Into the Mystic
Miss Lavelle
Lavelle White
[収録曲]
  1. I've Never Found A Man To Love
  2. Lay Down Beside Me
  3. Don't Let My Baby Ride
  4. Wootie Boogie
  5. A Little Bit Of This, A Little Bit Of That
  6. Mississippi , My Home
  7. Automatic Love
  8. Black Widow Spider
  9. Oh What A Feeling
  10. It Haven't Been Easy
  11. Can't Take It (I Don't Give A Damn)
  12. Those Lonely Lonely Nights
Lavelle White - Lay Down Beside Me