ラリー・デイル Larry Dale

ニューヨーク・ブルース系ギタリストです。1923年1月7日にテキサス州ホワートンで生まれ、2010年5月19日にニューヨークにて87歳で死去しました。本名はイーニス・ロウァリー( Ennis Lowery )です。ミッキー・ベイカーの1954年の録音で歌を担当しました。ピアニストのボブ・ガディ( Bob Gaddy )のバンドに参加した後、ソロで活動し、グルーヴ、クローヴァー、アトランティックほかに録音しました。カズン・リロイの1955年の録音、チャンピオン・ジャック・デュプリーの1958年「Blues from the Gutter」で伴奏しました。1960年の録音が 「New York Blues Operators」で、1993年のボブ・ガディとのコンビによるドイツでのライヴが「Live」で聞けます。
Harlem Blues Operator
Bob Gaddy
[収録曲]
  1. Come On Little Children
  2. Stormy Monday Blues
  3. Operator
  4. Out Of My Name
  5. Forgive Me
  6. Could I
  7. What Wrong Did I Do
  8. Paper Lady
  9. Gonna Be At The Station
  10. You Are The One
  11. The Girl Who Promises
  12. The Things That I Used To Do
  13. I Love My Baby
  14. Take My Advice
  15. Rip And Run
  16. Early One Morning
  17. What Would I Do
  18. Till The Day I Die
  19. Don't Tell Her
  20. Woe Woe Is Me
  21. I'll Go My Way
Larry Dale - Please Tell Me
歌はラリー・デイル、ギター伴奏はミッキー・ベイカー( Mickey Baker )、ピアノはチャンピョン・ジャック・デュプリー( Champion Jack Dupree )、テナー・サックスはサム・テイラー( Sam "The Man" Taylor )です。
Larry Dale - Big Muddy
Larry Dale - Let The Doorbell Ring