ローラ・ギブソン Laura Gibson

オレゴン州コキーユで生まれました。ポートランドの音楽界で頭角を現わし、2004年に自主制作盤「アメンズ」を発表し、2006年に「If You Come To Greet Me」でフル・アルバム・デビューしました。2009年には2作目の「Beasts of Seasons」、同年10月にはイーサン・ローズとの共作アルバム「Bridge Carols」を発表しています。2014年にニューヨークに居を移し、2014年に「Empire Builder」を発売しました。
2017年1月26日~29日、30日に来日公演しました。
Beasts of Seasons
Laura Gibson
[収録曲]
  1. Shadows on Parade
  2. Come by Storm
  3. Spirited
  4. Postures Bent
  5. Funeral Song
  6. Where Have All You Good Words Gone?
  7. Sleeper
  8. Sweet Deception
  9. Glory
”交霊の歌”と”葬送の歌”の二部構成で作られています。葬儀場の楽隊みたいな音色のホーンが響き、”死”や”不滅の魂”について歌い、森と獣達のイメージが飛び交います。
Laura Gibson - Spirited
Laura Gibson's Tiny Desk Concert at NPR Music
Laura Gibson - All The Pretty Horses
ブリッジ・キャロルズ(紙ジャケット仕様)
ローラ・ギブソン・アンド・イーサン・ローズ
ローラ・ギブソンはイーサン・ローズとのライブ共演の中で歌の即興的な方法論を試しました。イーサン・ローズはそれを編集し再構成しました。
La Grande
Laura Gibson
[収録曲]
  1. La Grande
  2. Milk-Heavey,Pollen-Eyed
  3. Lion/Lamb
  4. Skin,Warming Skin
  5. The Rushing Dark
  6. Red Moon
  7. Crow/Swallow
  8. The Fire
  9. Time Is Not
  10. Feather Lungs
キャレキシコ、ディセンバリスツのメンバーが参加しています。
エンパイア・ビルダー
ローラ・ギブソン
[収録曲]
  1. The Cause
  2. Damn Sure
  3. Not Harmless
  4. Empire Builder
  5. Five And Thirty
  6. The Search For Dark Lake
  7. Two Kids
  8. Louis
  9. Caldera, Oregon
  10. The Last One
  11. The Easy Way
  12. Animals (日本盤のみボーナス・トラックを2曲収録)
Laura Gibson - The Cause
Laura Gibson - Empire Builder