ローラ・イジボア Laura Izibor

1987年、アイルランドのダブリンに生まれた自作自演歌手です。父親はナイジェリア人です。13歳の時から独学で曲作りを始め、15歳で音楽コンテスト”2PM 音楽コンテスト”で優勝しました。17歳でジャイヴと契約しますが、担当のA&Mがアトランティックに移ったのを機にアトランティックに移籍します。しばらく、ジェームス・ブラウンやザ・アーツ、アル・グリーン、アンジー・ストーンらの前座を務めたり、クラブで歌っていました。初アルバムは「Let The Truth Be Told」(邦題「素顔のローラ」)です。
2009年8月26日、28日、29日に来日公演しました。
素顔のローラ
ワーナーミュージック・ジャパン
[収録曲]
  1. シャイン
  2. ドント・ステイ
  3. イフ・トゥナイト・イズ・マイ・ラスト
  4. ワット・ウッド・ユー・ドゥ?
  5. フロム・マイ・ハート・トゥ・ユアーズ
  6. パーフェクト・ワールド
  7. ザ・ワースト・イズ・オーヴァー
  8. イエス(アイル・ビー・ユア・ベイビー)
  9. アイ・ドント・ウォント・ユー・バック
  10. MMM...
  11. フロム・マイ・ハート・トゥ・ユアーズ(DJ プレミア・リミックス)*Bonus Track
自ら作詞・作曲し、共同プロデュースをこなしています。ニューヨーク、フィラデルフィア、アトランタ、ダブリンなどで4年を掛けて録音されたそうです。いまどきよくある大物の客演はありませんが、良い曲が揃っています。「イエス」は15歳の時に作ったそうです。
Laura Izibor - Shine
Laura Izibor - From My Heart to Yours
Laura Izibor - Exclusive (Live)