レオ・コッケ Leo Kottke

1945年9月11日にジョージア州アセンスで生まれました。小さい時は両親と共に12の州を転々として育ちました。オクラホマ州に住んでいる時に、ミシピッピー・ジョン・ハートのようなフォークやブルースに影響されました。大学を中退した後、ミネソタ州のあちこちの路上で歌っていましたが、66年にはコーヒー・ハウスの常連出演者になっていました。66年にインディ・レーベルのオブリヴィオンから初アルバム「12-String Blue」を、続いてジョン・フェイヒのタコマ・レーベルから「6 And 12 String Guitar」を発表しました。71年には大手レーベルのキャピトルから「Mudlark」を発表しました。その他は72年「Greenhouse」、73年「My Feet Are Smiling and」、「Ice Water」、75年「Chewing Pine」などがあります。
6 & 12 String Guitar
Leo Kottke
[収録曲]
  1. The Driving Of The Year Nail
  2. The Last Of The Arkansas Greyhounds
  3. Ojo
  4. Crow River Waltz
  5. The Sailor's Grave On The Prairie
  6. Vaseline Machine Gun
  7. Jack Fig
  8. Watermelon
  9. Jesu, Joy Of Man's Desiring
  10. The Fisherman
  11. The Tennessee Toad
  12. Busted Bicycle
  13. The Brain Of The Purple Mountain
  14. Coolidge Rising
ジャケットのアルマジロの絵柄が印象的です。このアルバムは色々なレーベルから再発売されています。
Leo Kottke - Vaseline Machine Gun
Sixty Six Steps
Leo Kottke
[収録曲]
  1. Living In The Country
  2. The Grid
  3. Oh Well
  4. Rings
  5. Cherry County
  6. Sweet Emotion
  7. The Stolen Quiet
  8. Balloon
  9. Over The Dam
  10. Can't Hang
  11. From Spink To Correctionville
  12. Ya Mar
  13. Twice
  14. Invisible
Leo Kottke - Living In The Country