リトル・ビーヴァー Little Beaver

本名はウィリアム・ヘイル( William Hale )です。1945年8月15日にアーカンソー州フォレスト・シティで生まれ、1950年の始めの10代の頃にフロリダ州マイアミに移りました。最初は作曲家としてTKレコード傘下のキャット・レーベルと契約して、ウィリー・クラーク( Willie Clarke )のプロデュースをしました。また、ベティ・ライト( Betty Wright )の「Clean Up Woman」などでセッション・ギタリストを務めました。1972年にはソロとして初シングル盤「Joey / Wish I Had A Little Like You」を発表しました。2枚目のシングル盤「Party Down, Was Later」は大ヒットしました。初アルバムは1972年「Joey」です。その他の主なアルバムは1975年「Party down」があります。初めはブルースを歌っていましたが、後にソウル系歌手に転じました。
Party Down
Little Beaver
[収録曲]
  1. Party Down Pt. 1
  2. Party Down Pt. 2
  3. Money Vibrations
  4. Get Into The Party Life
  5. I Can Dig It Baby
  6. Let The Good Times Roll
  7. Let's Stick Together
Little Beaver - Party Down
Little Beaver - Let The Good Times Roll
ブラック・ラプソディ
リトル・ビーヴァー
[収録曲]
  1. ア・トリビュート・トゥ・ウェス
  2. ブルース・フォー・ママ
  3. ヒット・ミー・ウィズ・ファンキー・ミュージック
  4. ルーズン・アップ
  5. サマータイム
  6. ジャスト・マイ・イマジネイション
  7. ネヴァー・キャン・セイ・グッバイ
  8. レッツ・ステイ・トゥゲザー
Little Beaver - Blues For Mama
ジョーイ
リトル・ビーヴァー
[収録曲]
  1. Joey
  2. Give A Helping Hand
  3. I’m Losin’ The Feelin’
  4. What The Blues Is
  5. That’s How It Is
  6. Katie Pearl
  7. Two Steps From The Blues
Little Beaver - Joey
Little Beaver - Give A Helping Hand
When Was the Last Time
Little Beaver
[収録曲]
  1. Listen to My Heartbeat
  2. We Three
  3. I Like the Way You Do Your Thing
  4. I Really Love You Babe
  5. Concrete Jungle
  6. Pretty Little Girl
  7. When Was the Last Time