リズ・フェア Liz Phair

コネチカット州ニュー・ヘイヴンで生まれ、イリノイ州Winnetkaで育ちました。1990年代の初期に ガーリー・サウンド( Girly Sound )の名前で自主制作したテープを発売した後、1992年にニューヨークのマタドール・レコード( Matador Records )と契約し、1993年に初アルバム「Exile in Guyville」を発表し、赤裸々で扇情的な歌詞で注目されました。
Exile in Guyville (Bonus Dvd)
ATO
[収録曲]
Disc.1
  1. 6'1'
  2. Help Me Mary
  3. Glory
  4. Dance of the Seven Veils
  5. Never Said
  6. Soap Star Joe
  7. Explain It to Me
  8. Canary
  9. Mesmerizing
  10. Fuck and Run
  11. Girls! Girls! Girls!
  12. Divorce Song
  13. Shatter
  14. Flower
  15. Johnny Sunshine
  16. Gunshy
  17. Stratford-on-Guy
  18. Strange Loop
  19. Ant in Alaska [#][Unreleased B-Side]
  20. Say You [#][*]
  21. Instrumental [#][*][Unreleased B-Side]
Disc.2
  1. Exile in Guyville [DVD][*]
26歳の時の初アルバムです。
Liz Phair - Mesmerizing
Liz Phair - Why Can't I Breathe