ルイ・ジョーダン Louis Jordan

1940年代のR&Bの興隆に影響力を持ち、50年代のロックの時代へと道筋を引きました。しかし、「Buzz me Baby」などのジャンプ・ブルースの傑作も残しています。1908年7月8日にアーカンソー州ブリンクリーに生まれ、1975年にロサンジェルスで死去しました。地方バンドの一員でしたが、ニューヨークに出て、チック・ウェッブ楽団などで働いた後、1938年に自己のバンド、ティンパニー・ファイヴを結成しました。彼自身が歌う洒落た唄と迫力あるコンボ演奏で人気を獲得し、46年には「チュー・チュー・チ・ブギ」が大ヒットしR&B時代の幕を開きました。39年から54年のデッカ在籍時には「Caldonia」を初めとして、R&Bチャート1位の曲が17曲もあります。その後、病気のために引退したのですが、60年代に入り復帰し、ジョニー・オーティスのプロデュースでアルバムを出しています。1975年にロサンジェルスで死去しました。
The Best of Louis Jordan
Louis Jordan
[収録曲]
  1. Choo Choo Ch'Boogie
  2. Let the Good Times Roll
  3. Ain't Nobody Here But Us Chickens
  4. Saturday Night Fish Fry
  5. Beware, Brother, Beware
  6. Caldonia
  7. Knock Me a Kiss
  8. Run Joe
  9. School Days (When We Were Kids)
  10. Blue Light Boogie
  11. Five Guys Named Moe
  12. What's the Use of Getting Sober (When You're Gonna Get Drunk Again)?
  13. Buzz Me Again
  14. Beans and Corn Bread
  15. Don't Let the Sun Catch You Crying
  16. Somebody Done Changed the Lock on My Door
  17. Barnyard Boogie
  18. Early in the Morning
  19. I Want You to Be My Baby
  20. Nobody Knows You When You're Down and Out
Louis Jordan - Caldonia1
Louis Jordan - Buzz Me Baby