ルーク・ジョーダン Luke Jordan

ヴァージニアのギタリストで、1940年代に同地で死去したと言われています。同郷ではカール・マーチン、ウィリアム・ムーアがいます。1927年にノース・キャロライナで行なわれたビクターのフィールド・レコーディングで「Church Bells Blues」など4曲を吹き込んでいます。29年にも6曲を吹き込みました。
Church Bells Blues
Luke Jordan
Luke Jordan - Traveling Coon (August, 1927)
Luke Jordan - Cocaine Blues