マギー・ベル Maggie Bell

1945年1月12日に英国のグラスゴーで生まれました。レズリー・ハーヴィが率いる地元のバンド、パワーに参加して歌っていました。1969年にバンドはレッド・チェッペリンのマネージャー、ピーター・グラントと契約し、名前をストーン・ザ・クロウズ( Stone The Crows )と改め、1970年にポリドールから2枚のアルバム「Stone the Crows」と「オッド・トゥ・ジョン・ロー」を出しました。この頃にはジャニス・ジョプリンと比べうる英国随一の力強い歌唱力を持った女性歌手として評価されていました。1971年に傑作アルバム「テーンネイジ・リックス」を出し、次のアルバム「オンティニュアス・パフォーマンス」の準備をしていましたが、ハーヴィが舞台上の事故で突然亡くなってしまいました。バンドはジミー・マカラックを補充してライヴ活動を続け、1973年に解散しました。その後、ソロに転じ、1974年「Queen Of The Night」、1976年「Suicide」(邦題:熟れた果実)などのアルバムを出しました。
Stone the Crows
Maggie Bell
Oueen Of The Night
Maggie Bell
[収録曲]
  1. Caddo Queen
  2. A Woman Left Lonely
  3. Souvenirs
  4. After Midnight
  5. Queen of the Night
  6. Oh My My
  7. As the Years Go Passing By
  8. Yesterday's Music
  9. We Had It All
  10. The Other Side
  11. Trade Winds
Maggie Bell - Queen Of The Night
Suicide Sal
Maggie Bell
[収録曲]
  1. Wishing Well
  2. Suicide Sal
  3. I Was In Chains
  4. If You Don't Know
  5. What You Got
  6. In My Life
  7. Comin' On Strong
  8. Hold On
  9. I Saw Him Standing There
  10. It's Been So Long
Maggie Bell - Suicide Sal