マーク・ジョーダン Marc Jordan

カナダのトロントで生まれました。父親はジャズ・シンガーです。4歳の時からクラシック・ピアノの正式教育を受けます。高校を卒業すると、ニューヨークに行き、ブロック・ユニヴァーシティ大学で映画の勉強をします。ところが、映画よりロック音楽に興味が向き、大学を中退してニューヨーク周辺のローカル・バンドで演奏を始めます。1970年にはボビー・ウィーのバック・バンドの一員となりアメリカやヨーロッパを回ります。デイヴ・メイソンのバンドにも加わっていたことがあります。その間にも、自作曲を書き溜めていた彼は、1974年にCBSと契約してシングル盤を発売しますが、商業的にまったくの不発に終わります。しかし、ワーナー・ブラザーズのA&Rマンが曲を気に入り、1977年にワーナー・ブラザーズと契約してアルバム「マネキン」を発売して評判になります。その他、「ブルー・デザート」、「ア・ホール・イン・ザ・ウォール」などがあります。
マネキン
マーク・ジョーダン(アーティスト)
ワーナーミュージック・ジャパン
[収録曲]
  1. サヴァイヴァル
  2. ジャングル・クワイア
  3. ミステリー・マン
  4. マリナ・デル・レイ
  5. レッド・デザート
  6. ストリート・ライフ
  7. ダンシン・オン・ボードウォーク
  8. オンリー・フールズ
  9. ブルースの一歩先
  10. 愛はこれから
バックはラリー・カールトン、チャック・レイニー、ハーヴィ・メイソン、トム・スコット、J.D.サウザー、ティム・シュミットらが固めています。
Marc Jordan - Marina Del Rey
Mannequin
Marc Jordan
ブルー・デザート
マーク・ジョーダン(アーティスト)
ワーナーミュージック・ジャパン
[収録曲]
  1. ジェネラリティーズ
  2. 私はカメラ
  3. たそがれ
  4. 彼方へ
  5. ビューティフル・ピープル
  6. ロスト・イン・ザ・フレー
  7. 自由へのさすらい
  8. 刺青の女
  9. エグザイル
Generalities - Marc Jordan (1979)
Blue Desert
Marc Jordan
ア・ホール・イン・ザ・ウォール
マーク・ジョーダン(アーティスト)
WESTWOOD RECORDS
[収録曲]
  1. スリッピング・アウェイ
  2. 愛しのマルガリータ
  3. シー・ユースト・トゥ・ビー・マイ・ワールド
  4. ア・ホール・イン・ザ・ウォール
  5. ホエア・ディドゥ・ウィ・ゴー・ロング
  6. イッツ・オンリー・ラヴ
  7. ラヴ・ライク・ア・ホイール
  8. スィーヴズ
  9. ダンス・ウィズ・ミー
  10. ホールド・オン
Reckless Valentine
Marc Jordan(アーティスト)
Cafe
[収録曲]
  1. Back Street Boy
  2. Little Lambs
  3. Waiting For A Miracle
  4. (I) Must Have Left My
  5. Heart
  6. All Show
  7. Coronation Street
  8. The Same Mistake
  9. Rhythm Of My Heart
  10. Tell Me You Love Me
  11. I Held On Too Long
ジャズ寄りになっていますが、私の好みはロックです。
ライヴ・アット・エル・モカンボ+1
マーク・ジョーダン(アーティスト)
ヴィヴィド・サウンド
[収録曲]
  1. SECRETS
  2. I'M A CAMERA
  3. POTENTIAL AND AIR
  4. NEW YORK NEW YORK
  5. YOU'RE NOT GREATER THAN GOD
  6. SATIN DOLLS
  7. SURVIVAL
  8. LOST IN THE HURRAH
  9. FROM NOWHERE TO THIS TOWN
  10. TATOOED LADY*Bonus Track
1980年4月11日、カナダ・トロント州ライブ・ハウス『エル・モカンボ( EL MOCAMBO )』で録音されたライブ音源です。