マイケル・フランクス Michael Franks

1944年9月18日、カリフォルニア州ラ・ホヤに生まれました。カナダのモントリオール大学の博士号を取得していて、映画音楽を作ったり、大学で比較文学を教えたこともあります。また、日本にも関心が深く、結婚式は日本で挙げました。代表アルバムは1975年「アート・オブ・ティー」、1977年の「スリーピング・ジプシー」などがあり、ジャズやボサノバの要素を取り入れて、知性的な歌詞を持つ都会的でポップな曲を作り出しています。
2010年1月10日に来日しました。2013年10月28日、29日、31日に来日公演予定です。
アート・オブ・ティー
マイケル・フランクス
ワーナーミュージック・ジャパン
[収録曲]
  1. 愛はむなしく
  2. エッグプラント
  3. モンキー・シー・モンキー・ドゥ
  4. 聖エルモの火
  5. 愛の苦しみ
  6. ジャイヴ
  7. ポプシクル・トーズ
  8. 微笑を失う時
  9. ミスター・ブルー
どこかで聞いたことがあるような気がする題名です。岡倉天心の「ブック・オブ・ティー」(茶の本)を連想させます。
Sleeping Gypsy
Warner Bros.
[収録曲]
  1. Lady Wants to Know
  2. I Really Hope It's You
  3. In the Eye of the Storm
  4. B'wana-He No Home
  5. Don't Be Blue
  6. Antonio's Song (The Rainbow)
  7. Chain Reaction
  8. Down in Brazil
ラリー・カールトン、ジョー・サンプル、ディヴィッド・サンヴォーン他が参加しています。
Michael Franks - The Lady Wants To Know (1977)
Michael Franks - Antonio's Song
Tiger in the Rain
Warner Bros.
[収録曲]
  1. Sanpaku
  2. When It's Over
  3. Living on the Outside
  4. Hideaway
  5. Jardin Botanico
  6. Underneath the Apple Tree
  7. Tiger in the Rain
  8. Satisfaction Guaranteed
  9. Lifeline
ポール・ゴーギャンやアンリ・ルソー、チャールズ・バーチフィールドなど絵画にも趣味を持ち、ジャケット作りに活かしています。