オデッタ Odetta

1930年12月31日にアラバマ州バーミンガムで生まれ、2008年12月2日にニューヨーク市で死去しました。本名はオデッタ・ホルムズ( Odetta Holmes )、父方名でオデッタ・フェリアス( Odetta Felious )、またはオデッタ・ゴードン( Odetta Gordon )です。幼い頃にカルフォルニア州ロサンジェルスに移りました。母は彼女をマリアン・アンダーソンのようなオペラ歌手にしたいと考え、13歳の時から歌の練習をさせました。高校時代に Glee Glub (グリー・クラブ:合唱団)で活動を始め、その後、働きながらロサンゼルス市立大学で音楽を学び、44年から Hollywood Turnabout Puppet Theatre でプロとして活動しました。ソロとしての初アルバムは56年「Ballads and Blues」です。その他のアルバムは57年「At the Gate of Horn」、01年「Looking For A Home」などがあります。
1978年に来日公演をしています。
Looking for a Home
Odetta
[収録曲]
  1. Goodnight Irene
  2. You Don't Know My Mind
  3. Mother's Blues
  4. When I Was A Cowboy
  5. In The Pines
  6. How Long
  7. Bourgeois Blues
  8. Alabama Bound/Boll Weevil
  9. Roberta
  10. New Orleans
  11. Jim Crow Blues
  12. Rock Island Line
  13. Julie Anne Johnson/Who Black Buck
  14. Easy Rider
  15. Midnight Special
レッドベリーが歌った曲を追演しています。
Odetta Sings Dylan
Odetta
[収録曲]
  1. Baby, I'm In The Mood For You
  2. Long Ago, Far Away
  3. Don't Think Twice, It's All Right
  4. Tomorrow Is A Long Time
  5. Masters Of War
  6. Walkin' Down The Line
  7. The Times They Are A-Changin'
  8. With God On Our Side
  9. Long Time Gone
  10. Mr Tambourine Man
  11. Blowin' In The Wind
  12. Paths Of Victory
ボブ・ディランの曲を追演しています。ギター伴奏者はブルース・ラグホーンとピーター・チャイルズが務めています。
Odetta - 900 Miles
Odetta - The Times They Are A-Changin'