ワン・ストリング・サム One String Sam

本名はサム・ウィルスン( Sam Wilson )で、ディドリー・ボウ( diddley bow )と呼ばれる一弦楽器を操るデトロイトのブルース・マンです。1956年にJVBに「I Need a Hundred Dollars」と「My Baby Ooo,」の2曲を録音しました。数年間をデトロイトの路上で演奏した後、消息が不明でした。1973年にアン・アーバー・ブルース・フェスティヴァル( the Ann Arbor Blues & Jazz Festival )に登場し、「I Need a Hundred Dollars」と「I Got to Go」の2曲を演奏しました。その後はブルースの歴史から姿を消しました。「Detroit Blues Realities 4」あるいは「Rural Blues Vol.1 (1934-1956)」の中で聞けます。
デトロイト・ブルース・レアリティーズ4 ヘイスティング・ストリート・ブルース・オペラ
ジョー&ヒズ・クール・カッツ、オムニバス ピアノ・ビル、ミス・デトロイト・スリム、ワン・ストリング・サム、トミー・バーネット、ギップ・ロバーツ、ジャネット・オールダム、デトロイト・カウント、フレッド・ウッズ&ザ・クール・カッツ
[収録曲]
  1. Hastings Street Woogie Man (Detroit Count)
  2. Hastings Street Opera part1 (Detroit Count)
  3. Hastings Street Opera part2 (Detroit Count)
  4. I'm Crazy About You (Detroit Count)
  5. Detroit Boogie (Detroit Count)
  6. Parrot Lounge Blues (Detroit Count)
  7. Little Tillie Willie (Detroit Count)
  8. My Last Call (Detroit Count)
  9. Milwaukee Blues (Piano Bill)
  10. The Only Woman I Love (Piano Bill)
  11. Oh Baby Baby (Piano Bill)
  12. Moon Is Rising (Miss Detroit Slim)
  13. Need A $100.00 (One String Sam)
  14. My Baby 000 (One String Sam)
  15. Rockin'With Leroy(take1) (Tommy Burnette)
  16. No One Monkey Goin’To Run My Show (Gip Roberts)
  17. Sandman (Gip Roberts)
  18. Money Husting Man (Janet Oldham)
  19. Bewildered (Janet Oldham)
  20. Rockin'With Leroy (Tommy Burnette)
  21. That's The Best I Can Do For You Blues (Fred Woods&The Kool Kats)
  22. Can't Eat,Can't Sleep Blues (Fred Woods&The Kool Kats)
  23. Hastings Street Blues (Joe&His Kool Kats)
  24. What's Shakin' (Joe&His Kool Kats)
  25. The Blues Creeps (Joe&His Kool Kats)
One String Sam - My Baby Ooo
One String Sam - I Need A Hundred Dollars