ピーター・カープ Peter Karp

アラバマ州出身の自作自演歌手です。子供時代はニュージャージー州レオニアとアラバマ州エンタープライズにあるトレイラー・パークで過ごし、10代の時にはニューヨークのアート・ロックやブルース、パンクといった音楽分野に飛び込んでいました。次の10年は、ポリグラム・レコードと契約し、巡業に明け暮れました。その後、映画に興味を持っていた彼は、マンハッタンで”Total Picture”という会社を発足させましたが、90年代遅くにはロードショウ・バンドに復帰し、200年と2002年に興行を行っています。2004年にバックベンダー・レコードと契約し、同年にブラインド・ピッグ・レコードに移り、2007年にアルバム「Shadows and Cracks」を発表しました。現在はナッシュヴィルとニュージャージー州を行ったり来たりしています。2013年にはスー・フォー・リーと組んでアルバム「He Said, She Said」を発表しました。
Shadows and Cracks
Peter Karp
[収録曲]
  1. Goodbye Baby
  2. Air, Fuel and Fire
  3. All I Really Want
  4. Dirty Weather
  5. Rubber Bands and Wire
  6. I Understand
  7. Shadows and Cracks
  8. I Ain't Deep
  9. Lament
  10. Runnin'
  11. Grave
  12. Strange Groove
ミック・テイラーが参加しています。
Peter Karp Live
ヒー・セッド・シー・セッド
スー・フォーリー & ピーター・カープ
[収録曲]
  1. Treat Me Right
  2. So Far So Fast
  3. Wait
  4. Rules of Engagement
  5. Hold On Baby
  6. Mm Hmm
  7. Danger Lurks
  8. Ready For Your Love
  9. Scared
  10. Valentine's Day
  11. Dear Girl
  12. Baby Don't Go
  13. Regret
  14. Lost In You
The Arson's Match: Peter Karp, Live in NYC
Peter Karp / Mick Taylor
[収録曲]
  1. The Arson's Match
  2. Gee Chee Gee Chee Wawa
  3. Y'All Be Lookin'
  4. The Turning Point
  5. The Nietzsche Lounge
  6. Your Prettyness
  7. Rolling on a Log
  8. I'm Not Giving Up
  9. Treat Me Right
  10. Train O'Mine