ピストル・ピート Pistor Pete

1962年にロサンジェルスで生まれました。本名はベンジャミン・ニューウェルです。生後まもなく叔父に引き取られてシカゴのマックスウェル・ストリートの近くに移住し、叔父の影響で4歳からギターを始め、ブルースに親しんで育ちました。10歳になりハウリン・ウルフのサックス奏者だったエディ・ショウのバンドに参加して100ドルを稼いだのがプロの始まりです。その後、メルヴィン・テイラーやカルロス・ジョンソンのバンドで活動していました。自主制作盤で1995年に「Loaded」、1977年に「Pistoru Pete」、2003年に「Man On the Moon」を発売し、2003年にはPヴァインと契約して「エレクトリック・ブルース・ランド~ブルース・ギター新世紀」を発売しました。
2002年に来日しています。2008年6月28日(土)18:00~、タワー・レコード渋谷店B1 STAGE ONE”エヴォルーション・ブルース~ブルース・ギター進行形”で来日しました。また、2008年10月6日、10月7日にも再来日しました。
エレクトリック・ブルース・ランド~ブルース・ギター新世紀
ピストル・ピート(アーティスト)
Pヴァインレコード
[収録曲]
  1. 21st Century Bluesman
  2. Silver Screen
  3. Swing Me Baby
  4. Sum of All Fears
  5. Love in the Third Degree
  6. Shake Your Booty
  7. 24 Hour Blues
  8. You Make Me Feel Good
  9. G Funk
  10. As We Fly [Instrumental]
  11. I Gave You Everything I Own
  12. Submariner [Instrumental]
  13. San Antonio
  14. Night the Guitar Died [Instrumental]
  15. Daddy's Not Home [Instrumental]
エヴォルーション・ブルース~ブルース・ギター進化形
ピストル・ピート(演奏)
Pヴァイン・レコード
[収録曲]
  1. Center Of Attraction
  2. Voodoo Chile
  3. Big Leg Woman
  4. Tin Pan Alley
  5. Born Under A Bad Sign
  6. Pass Meets Wes
  7. Standing Out In The Rain
  8. Big Butt Girl
  9. I Love You
  10. Look Over Yonder
  11. The Wind Cries Mary
  12. Garcia
  13. Hoochie Coochie Man
  14. Fly Like An Eagle
  15. Shoulda Known Better
マディ・ウォーターズ、アルバート・キング、フレディ・キング、ジミ・ヘンドリクス、スティーヴ・ミラー・バンド、スティーヴィー・レイ・ヴォーンの曲を弾きまくります。最終曲はジャズ系で締めくくり。
Pistol Pete - LIVE映像(タワーレコード・インストアイベント)