レジー・ヤング Reggie Young

1936年12月12日にミズーリ州カルザーズヴィルで生まれました。ヤングは最初にテキサス州メンフィスのロカビリー・バンド、エディ・ボンド&ザ・ストンパーズ( Eddie Bond & The Stompers )に参加し、50年代中頃にジョニー・キャッシュ、カール・パーキンス、ロイ・オービソンと巡業しました。その後、ビリー・ブラック率いる楽団などを経て、ハイ・レコード専属のセッション・ギタリストを務め、後にアメリカン・スタジオのギタリストとして活躍しました。1971年にアメリカン・スタジオが閉鎖されると、ナッシュヴィルへ行き、独立セッション・ミュージシャンとして、ウェイロン・ジェニングスやエルヴィス・プレスリー、J.J. ケイル、ダスティ・スプリングフィールド、ウィリー・ネルソン、B.J. トーマス、ニール・ダイアモンドなど数多くの歌手の伴奏を務めています。
Stephen Housden & Reggie Young