ロバート・ロウリー Robert Lowery

1931年4月8日にルイジアナに近いアーカンソー州シュラで生まれました。10代の頃は ロバート・ジョンソン( Robert Johnson )やライトニン・ホプキンス( Lightnin' Hopkins )、ブラインド・ボーイ・フラー( Blind Boy Fuller )、アーサー・ビッグ・ボーイ・クルーダップ( Arthur Big Boy Crudup )などの曲を聞いていました。1957年にカリフォルニア州サンタクルーズに移り、ビッグ・ママ・ソーントンのギタリストを務めました。彼が初めて大きなコンサートに登場したのは、1974年に行われたサンフランシスコ・ブルース・フェスティヴァルです。同コンサートには1976年と1984年にも出演し、また他の多くのフェスティヴァルにも参加しています。アルバムは、1994年「Earthquake Blues」、1995年「Good Man Is Hard to Find」、2000年「Rainin' Down Blues」、同年「Playing out in the Street」などがあります。
Goin' Away Blues
Robert Lowery
[収録曲]
  1. Don't Be Jealous
  2. Little Boogie Woman
  3. Drink Little Woman
  4. Baby Let Me Play With You
  5. Chauffeur Blues
  6. Little Haddy
  7. Goin' Away Blues
  8. Love The Way I Do It
  9. Walkin' Your Log
  10. Low Down Dirty Train
  11. Sittin' On Top Of The World
  12. 32-20 Blues
  13. Bring Me My Tea
  14. Dust My Broom
  15. Little Bob's Blues
Earthquake Blues
Robert Lowery
[収録曲]
  1. Monologue/Honey Babe
  2. Monologue/Come on in to My Kitchen
  3. Monologue/Ramblin on My Mind
  4. Monologue/Earthquake Blues
  5. Midnight Run
  6. Monologue/One Kind of Favor
  7. Big Road
  8. Monologue/Crossroads
  9. Fan It
  10. Interlude Blues
  11. They Call Me the Blues Man
  12. Big Road Blues
  13. Monologue
  14. Crossroads
  15. Fan It
  16. Interlude Blues
  17. They Call Me the Blues Man
Robert Lowery - Earthquake Blues
Robert Lowery - They Call Me the Blues Man