ロビン・トロワー Robin Trower

ジミ・ヘンドリクスの追随者の一人です。1945年3月9日、英国ロンドンに生まれました。1963年に結成された Paramounts を皮切りに、The Jam、Procol Harum、Jude などを転々とし、1972年に Robin Trower Band を結成しました。1973年には初めての自己名義のアルバム「Twice Removed From Yesterday」を発表します。1973年「Bridge Of Sighs / 魂のギター」、1975年「ライヴ・イン・コンサート」、1975年「For Earth Below / 遥かなる大地」、1976年「Live」など、その後も順調にアルバム制作を続けています。歌はジェイムズ・デュワーが担当していて、ロビン・トロワ―はリード・ギター担当です。
For Earth Below / Robin Trower Live
Robin Trower
[収録曲]
  1. Shame The Devil
  2. It's Only Money
  3. Confessin' Midnight
  4. Fine Day
  5. Alethea
  6. A Tale Untold
  7. I Can't Wait Much Longer
  8. Alethea
  9. A Little Bit Of Sympathy
  10. Gonna Be More Suspicious
  11. For Earth Below
  12. Too Rolling Stoned
  13. Daydream
  14. Rock Me Baby
  15. Lady Love
1975年「For Earth Below / 遥かなる大地」と1976年「Live」を一枚のCDにまとめたものです。
Live in Concert
Griffin Records
[収録曲]
  1. Day of the Eagle
  2. Bridge of Sighs
  3. Gonna Be More Suspicious
  4. Fine Day
  5. Lady Love
  6. Twice Removed from Yesterday
  7. Daydream
  8. Alethea
  9. Little Bit of Sympathy
  10. Rock Me Baby
英国国営放送BBC放送・ラディオ1のライヴ音源です。1975年1月29日、ヨーロッパ巡業先のフランス・パリのパリス劇場での録音です。
Robin Trower - Bridge Of Sighs