ルーズヴェルト・ブーバ・バーンズ Roosevelt Booba Barnes

ルーズヴェルト・メルヴィン・バーンズ( Roosevelt Melvin Barnes )は、1936年9月25日にミシシッピー州ワシントン郡ロングウッドで生まれました。ハウリン・ウルフ( Howlin' Wolf )やリトル・ミルトン( Little Milton )に憧れ、1960年に地元のバンドに加入してギターを弾き始め、4年後にはシカゴに出てバーやクラブで演奏しました。1971年になって故郷のグリーンヴィルに戻って演奏を続けました。1984年にリル・デイブ・トンプソンを伴って、ジューク・ジョイントを廻りました。1985年にはプレイボーイ・クラブ( the Playboy Club )という自分のナイトクラブを開店し、バック・バンドのプレイボーイズ( the Playboys )と演奏を始めました。クラブはデルタ一帯で名が知られるようになり、バンドはルースター・ブルースと契約し、1990年に初アルバム「The Heartbroken Man」を出し、米国とヨーロッパを巡業しました。ブーバは1996年4月2日に肺癌で死去するまで録音を続けました。
The Heartbroken Man
Roosevelt Barnes
[収録曲]
  1. How Long This Must Go On
  2. Don't Cry No More
  3. Ain't Going To Worry About Tomorrow
  4. Tell Me What I've Done/My Last Affair
  5. Heartbroken Man
  6. Blind Man/I Pity The Fool
  7. Rocking Daddy
  8. Tin Pan Alley
  9. Baby, Scratch My Back
  10. Louise Louise Blues
  11. No Place To Go
Roosevelt 'Booba' Barnes - Heartbroken Man
Roosevelt Booba Barnes & The Playboys - Baby Scratch My Back
Roosevelt Booba Barnes and the Playboys - Louise Louise Blues
Roosevelt Booba Barnes - Love Like I Wanna
Roosevelt Booba Barnes - I'm Going Back Home / Bluebird (in Oxford, Mississippi 1983)