ロイ・ハーパー Roy Harper

1941年6月12日に英国マンチェスターで生まれました。1950年代半ばにスキッフルを聞いて音楽に開眼し、ヨーロッパ大陸を放浪しながら演奏活動を行ないました。1960年代にロンドンのクラブに出演するようになり、1966年にストライク・レコードから初アルバム「ソフィスケイティッド・ベガー」を発表しました。その他のアルバムは、1970年「Flat Barouque and Berserk」、1971年「ストームコック」、1973年「ライフマスク」、1974年「Valentine」、1975年「HQ」、1977年「Bullinamingvase」、2000年「The Green Man」などがあります。ジミー・ペイジが心酔していて、レッド・ツェッペリンの楽曲に「ハッツ・オフ・トゥ・ロイ・ハーパー」と名前が登場します。
2007年に来日公演をしています。
Flat Baroque and Berserk
Science Friction
[収録曲]
  1. Don't You Grieve
  2. I Hate The White Man
  3. Feeling All The Saturday
  4. How Does It Feel
  5. Goodbye
  6. Another Day
  7. Davey
  8. East Of The Sun
  9. Tom Tiddler's Ground
  10. Francesca
  11. Song Of The Ages
  12. Hell's Angels
Roy Harper - I Hate the White Man
Roy Harper - How Does It Feel ( Live Studio Performance 1969 / 1970 )
Valentine
Roy Harper
[収録曲]
  1. Forbidden Fruit
  2. Male Chauvinist Pig Blues
  3. I'll See You Again
  4. Twelve Hours Of Sunset
  5. Acapulco Gold
  6. Commune
  7. Magic Woman
  8. Che
  9. North Country
  10. Forever
Bullinamingvase
Roy Harper
[収録曲]
  1. One Of Those Days In England
  2. These Last Days
  3. Cherishing The Lonesome
  4. Naked Flame
  5. Watford Gap
  6. One Of Those Days In England Parts 2-10.
Roy Harper - Me And My Woman
Roy Harper - One Man Rock 'n' Roll Band