サス・ジョーダン Sass Jordan

サラ・サス・ジョーダン( Sarah "Sass" Jordan )は1962年11月23日に英国のバーミンガムで生まれました。3歳の時に、大学教授だった父の赴任のためカナダのモントリオールに引越しました。ラジオから流れるザ・バンドの「The Night They Drove Old Dixie Down」を聞いて魅せられ、ロックを聴くようになりました。10代前半は、友達と定期的にウェストマウント公園でギターを弾いたり歌っていました。16歳になる頃にはモントリオールのクラブで演奏活動しました。1986年にBündockのアルバム「Mauve」で共同ヴォーカリストとしてデビューしました。1988年の「Tell Somebody」が最初のソロ・アルバムです。その他は、1992年「Racine」、1994年「Rats」、1998年「Present」、2000年「Hot Gossip」、2003年「Sass ... The Best Of Sass Jordan」、2006年「Get What You Give 」、2009年「From Dusk 'Til Dawn」などがあります。
Racine
Sass Jordan
[収録曲]
  1. Make You A Believer
  2. If You're Gonna Love Me
  3. You Don't Have To Remind Me
  4. Who Do You Think You Are
  5. Windin' Me Up
  6. I Want To Believe
  7. Goin' Back Again
  8. Do What Ya Want
  9. Cry Baby
  10. Where There's A Will
  11. Time Flies
Sass Jordan - Make You A Believer
From Dusk Til Dawn
Sass Jordan
[収録曲]
  1. What I Need
  2. Feel In Love Again
  3. Awake
  4. Why Did You
  5. Lonely
  6. Love N Affection
  7. Matter of Time
  8. Ol' 55
  9. Stronger
  10. Home Again
Sass Jordan - What I Need
Get What You Give
Sass Jordan
[収録曲]
  1. What You Gonna Do
  2. Shuffle
  3. Have You Ever Seen the Rain
  4. How Do I Get It Right
  5. I Want More
  6. Terminally Yours
  7. Torn in Two
  8. Love's Like Rain
  9. The Feeling's Gone
  10. Trouble
  11. Natural Disaster
  12. Even
Sass Jordan with Don Was - How Do I Get It Right
Rats
Sass Jordan
[収録曲]
  1. Damaged
  2. Slave
  3. Pissin' Down
  4. High Road Easy
  5. Sun's Gonna Rise
  6. Head
  7. Ugly
  8. I'm Not
  9. Honey
  10. Wish
  11. Breakin'
  12. Give
Sass Jordan - Pissin' Down (Canadian TV Performance)
Sass Jordan - High Road Easy
Rebel Moon Blues
Sass Jordan
[収録曲]
  1. Leaving Trunk
  2. My Babe
  3. Am I Wrong
  4. One Way Out
  5. Palace Of The King
  6. The Key
  7. Too Much Alcohol
  8. Still Got The Blues
初めてブルースを歌ったアルバムです。
Sass Jordan - Leaving Trunk
スリーピー・ジョン・エステス( Sleepy John Estes )の曲です。
Sass Jordan - Palace of the King
レオン・ラッセル( Leon Russell )が歌った曲です。
Sass Jordan - Still Got The Blues
ゲイリー・ムーア( Gary Moore )の曲です。