シャーウッド・フレミング Sherwood Fleming

1960年代後半から70年代にかけてウェストコーストで活動したR&B歌手です。1970年にC&F、ケント、ハイランドに録音しました。以降は消息不明でしたが、エディ・スタウト( Eddie Stout )が興したダイナフロウ・レコードにより40余年振りに録音されました。
1936年8月8日にミシシッピ州ヒルハウスで生まれました。5歳頃からマウント・ザイオン・バプティスト教会のカルテットで歌い始めました。本名はシアウッド( Shearwood )ですが、ずっとシャーウッド( Sherwood )と呼ばれました。19歳の時に両親と共に40マイルほど離れたデルタの奥地のルーラに移り、農園で働きました。地元のラジオ局WDIAを通して、B.B. キングやボビー・ブルー・ブランド、ルーファス・トーマスなどを聞いていました。1956年1月7日にロサンジェルスに出て、さまざまな職を転々としながら歌い続けました。1985年に自身のレーベル、サウンドトラウンドから「Blues Blues」と「Come Back Baby」を、1989年に「Come Together Pt.1 & Pt.2」を出しましたが。ヒットはしませんでした。その後、音楽業界を去りましたが、エディ・スタウトに再発見されました。
BLUES BLUES BLUES  ブルース・ブルース・ブルース
Sherwood Fleming
[収録曲]
  1. Bold Soul Brother
  2. Good Woman
  3. Gotta Hold On
  4. Jailbait
  5. No Life For A Working Man
  6. Non Support Blues
  7. History
  8. Goin Back Home
  9. Trouble Of The World
  10. Lay It On The Line
  11. My Time After A While
  12. Blues Blues
  13. Three O’Clock In The Morning (日本盤のみボーナス・トラック)
Sherwood Fleming - Good Woman (1970)
Sherwood Fleming - No Life For A Working Man
Sherwood Fleming with Moeller Bros.(Ginneys Longhorn Saloon, Austin Texas 2.10.2014)