ショーティ・ロング Shorty Long

米国のソウル歌手、作詞作曲者、モータウンのレコード・プロデューサーです。本名フレデリック・アール・ロング( Frederick Earl Long )は、1940年5月20日にアラバマ州バーミンガムで生まれました。1861年にハーヴェイ・ヒュークァ( Harvey Fuqua )のトライ=ファイ・レーベル( Tri-Phi/Harvey label )に初録音しました。この会社は1963年にタムラ=モータウンに吸収され、彼は子会社でブルースを基盤にした歌手を扱ってるソウル・レーベルからレコードを出しました。彼は曲の大半を自作していて、1966年の「Function At The Junction」、1968年の「Night Fo' Last」などがあります。最大のヒット曲は、1968年にトップ10入りし、後にピッグ・ミート・マーカム( Pig Meat Markum )が追演した「Here Comes The Judge」です。1961年6月29日にミシガン州デトロイト川で自己所有のボートが転覆して溺死しました。彼は1968年に唯一のアルバム「Here Comes the Judge」を残しています。1980年には ( the Alabama Jazz Hall of Fame )に入りました。
Essential Collection
Shorty Long
[収録曲]
  1. Here Comes The Judge
  2. Don't Mess With My Weekend
  3. Night Fo' Last (Vocal)
  4. Function At The Junction
  5. Sing What You Wanna
  6. Here Comes Fat Albert
  7. Ain't No Justice
  8. Lillie Of The Valley
  9. Baby Come Home To Me
  10. Devil With The Blue Dress On
  11. Out To Get You
  12. People Sure Act Funny
  13. Your Love's Amazing
  14. Another Hurt Like This
  15. I Cross My Heart
  16. I Had A Dream
  17. I Wish You Were Here
  18. Night Fo' Last (Instrumental)
Shorty Long - Here Comes The Judge
Shorty Long - Function At The Junction
Shorty Long - Devil With The Blue Dress On
American Novelty
Shorty Long