スティーヴ・ヒル Steve Hill

カナダのブルース・ロック・ギタリストで、1975年にケベック州モーリシーで生まれました。16歳からプロとして活動し、20歳になる頃までには、年間200本を超えるギグをこなしていました。1997年の初アルバムが ヴァンクーヴァーの『Real Blues magazine』の読者投票で”Best Canadian Debut Recording”に選ばれました。他のアルバムは、1999年「Call It What You Will」、2002年「Domino」、2007年「Devil At My Heels」、2011年「Whiplash Love」などがあります。
Solo Recordings
Steve Hill
[収録曲]
  1. Ever Changing World
  2. Love Got Us Blind
  3. Honey Bee
  4. Out of Phase
  5. King of the World
  6. Ballad of Johnny Wabo, The
  7. Politician
  8. Gotta Be Strong and Carry On
  9. Ain't Wastin' Time No More
  10. Preachin Blues
  11. Comin' Back to You
  12. Granted
この映像を見れば、彼のひとりバンドの独特さが分るでしょう。
Steve Hill - Damned
Steve Hill - Dangerous