シュガーレイ・レイフォード Sugaray Rayford

テキサス出身のブルース歌手です。キャロン・レイフォード( Caron Rayford )は7歳の時から教会で歌い、ドラムを叩いていました。15歳の時にサンディエゴ地区で( Urban Gypsys )というR&B/Funkバンドのリード歌手として活動した後、アント・キジーズ・ボーイズ( Aunt Kizzy'z Boyz )というバンドに参加してブルースを歌い始め、年間200回を越すギグをこなし、サンディエゴで人気を得ました。2004年に初アルバム「Trunk Full of Bluez」、2007年「It's Tight Like That」を出しました。その後、ロサンジェルスに出て、活動の場を広げ、2010年に自身の名前を冠したシュガーレイ・レイフォード・バンド( Sugaray Rayford Band )を結成しました。2010年に出したソロ名義の初アルバム「Blind Alley」が好評で、2013年には「Dangerous」を出しました。
デンジャラス
シュガーレイ・レイフォード
[収録曲]
  1. Country Boy
  2. Stuck for a Buck
  3. I'm Dangerous
  4. Two Times Sugar
  5. When It Rains It Pours
  6. Pretty Fine Mama
  7. Depression Blues
  8. Goin' Back to Texas
  9. I Might Do Somethin' Crazy
  10. In the Dark
  11. Surrendered
  12. Need a Little More Time
  13. Keep Her at Home
  14. Preaching Blues
Sugaray Rayford - I'm Dangerous
Sugaray Rayford - Keep Her at Home
Sugaray Rayford - Worry Worry