トーキング・へッズ Talking Heads

1975年にデヴィッド・バーン、クリス・フランツ、ティナ・ウェイマウスを中心に結成され、その後ジェリー・ハリスンが加わります。初シングル盤は「Love Gones To Building On Fire」、初アルバムは1977年の「Talking Heads: 77」です。まだニューヨーク・パンク的な作風でした。このアルバムからのシングル盤「サイコ・キラー」では、バーンは連続殺人鬼の内面を迫真の演技で描写し話題になりました。二作目のブライアン・イーノをプロデューサーに迎えた「モア・ソング」以降からは、アフリカ的なビートを打ち出した作品に変化しました。1991年に解散しました。代表作は1980年「リメイン・イン・ライト」です。
Remain in Light
Talking Heads
Rhino / Wea
[収録曲]
Disc.1
  1. Born Under Punches (The Heat Goes On)
  2. Crosseyed and Painless
  3. Great Curve
  4. Once in a Lifetime
  5. Houses in Motion
  6. Seen and Not Seen
  7. Listening Wind
  8. Overload
  9. Fela's Riff [Unfinished Outtake][#][*]
  10. Unison [Unfinished Outtake][#][*]
  11. Double Groove [Unfinished Outtake][#][*]
  12. Right Start [Unfinished Outtake][#][*]
Disc.2
  1. Born Under Punches (The Heat Goes On) [5.1 Surround Sound]
  2. Crosseyed and Painless [5.1 Surround Sound]
  3. Great Curve [5.1 Surround Sound]
  4. Once in a Lifetime [5.1 Surround Sound]
  5. Houses in Motion [5.1 Surround Sound]
  6. Seen and Not Seen [5.1 Surround Sound]
  7. Listening Wind [5.1 Surround Sound]
  8. Overload [5.1 Surround Sound]
  9. Crosseyed and Painless [DVD][#]
  10. Once in a Lifetime [DVD][#]
Talking Heads: 77
Sire
[収録曲]
  1. Uh-Oh, Love Comes to Town
  2. New Feeling
  3. Tentative Decisions
  4. Happy Day
  5. Who Is It?
  6. No Compassion
  7. Book I Read
  8. Don't Worry About the Government
  9. First Week/Last Week ... Carefree
  10. Psycho Killer
  11. Pulled Up
トーキング・へッズの初アルバムです。
Talking Heads - Psycho Killer
Talking Heads - Psycho Killer (Live in Rome 1980)