テネシー・アーニー・フォード Tennessee Ernie Ford

アーネスト・ジェニングス・フォード( Ernest Jennings Ford )は、1919年2月13日にテネシー州ブリストルで生まれました。ラジオ局でDJを務めた後、1949年にキャピトル・レコードの抱えるカントリー歌手の一人となりました。50年代初期に50曲近くを吹き込みましたが、純粋のカントリー歌手としては落ち着けず、ポップ歌手のケイ・スター( Kay Starr )と「I'll Never Be Free」、「Nobody Business」を吹き込んで、伝統派の顰蹙を買いました。1955年にゴールド・ディスクを獲得した「Sixteen Tons」もロックンロール的でした。この曲の売れ行きで堅苦しい体制から抜け出したフォードは、NBCに冠番組「The Ford Show」を持ち、米国のショウ・ビジネス界の主流へと滑り込んで行きました。58枚ほどのアルバムを残していますが、特に人気があったのは賛美歌や霊歌を納めたものです、1991年10月17日に死去しました。
16 Tons of Boogie: Best of
Tennessee Ernie Ford
[収録曲]
  1. Sixteen Tons
  2. Shotgun Boogie
  3. Mister and Mississippi
  4. Catfish Boogie
  5. Tennessee Border
  6. Tailor Made Woman - Joe "Fingers" Carr, Tennessee Ernie Ford
  7. Smokey Mountain Boogie
  8. Anticipation Blues
  9. Kissin' Bug Boogie
  10. Stack-O-Lee - Joe "Fingers" Carr, Tennessee Ernie Ford
  11. Mule Train
  12. I'm Hog Tied over You - Tennessee Ernie Ford, Ella Mae Morse
  13. Ocean of Tears - Tennessee Ernie Ford, Kay Starr
  14. Blackberry Boogie
  15. I Don't Know
  16. Hey, Mr. Cotton Picker
  17. I'll Never Be Free - Tennessee Ernie Ford, Kay Starr
  18. Rock City Boogie - The Dinning Sisters, Tennessee Ernie Ford
Tennessee Ernie Ford - 16 Tons
Tennessee Ernie Ford - Shotgun Boogie
Tennessee Ernie Ford - Poor Wayfaring Stranger (Live)