友部正人 Tomobe Masato

本名は小野正人です。1950年5月25日に吉祥寺で生まれ、小学入学と同時に札幌に転居し、あとは各地を転々として育ちました。名古屋の高校時代に聞いたボブ・ディランに影響を受け、卒業後は路上で演奏を始めました。当時盛り上がっていた学生運動にも加わり、逮捕されて鑑別所にも入ったことがあります。60年代末期に大阪に移り住み、西岡恭蔵や大塚まさじ、高田渡らと交遊し、1969年に京都フォーク・キャンプに、1971年に中津川フォーク・ジャンボリーに参加しました。同年に東京へ引越し、1972年に初アルバム「大阪へやって来た」を発表しました。翌73年に「にんじん」、「また見つけたよ」が続きました。1974年に米国を7ヶ月かけて放浪し、翌年に帰国すると「誰もぼくの絵を描けないだろう」を発表しました。その他は1980年「なんでもない日には」、1983年「ポカラ」、1984年「カンテ・グランデ」、1990年「けらいのひとりもいない王様」などがあります。詩集も出していて1977年「おっとせいは中央線に乗って」、1980年「名前のない商店街」、1992年「ぼくの星の声」などがあり、随筆集には1993年「ジュークボックスに住む詩人」、1999年「耳をすます旅人」などがあります。現在はニューヨークと日本を往来する生活をしています。
にんじん
友部正人
avex io
[収録曲]
  1. ふーさん
  2. ストライキ
  3. 乾杯
  4. 一本道
  5. にんじん
  6. トーキング自動車レースブルース
  7. 長崎慕情
  8. 西の空に陽が落ちて
  9. 夢のカリフォルニア
  10. 君が欲しい ※〈CDエクストラ〉
友部正人 - 『一本道』
ああ 中央線よ
空を飛んで あの娘の胸に突き刺され!