トニー・ホリンズ Tony Hollins

ジョン・リー・フッカーに少なからぬ影響を与えたと言われるブルースマンで、20世紀初頭にミシシッピー州クラークスデイルで生まれたとされていますが、その履歴の詳しいことは判っていません。1941年にオーケー( OKeh )に6曲を吹き込み、「Crawlin' King Snake」は、後のフッカーの演奏式の青写真となりました。また「Traveling Man Blues」は、「When My Wife Quit Me」としてフッカーに追演されました。1951年にデッカに4曲を吹き込んだ後は、次第に音楽から遠ざかり、本業だった床屋の仕事に戻りました。1951年にシカゴで死去しました。「Chicago Blues 1939-1951 Vol.1」で聞くことができます。
Chicago Blues 1 (1939-51)
Various Artists
[収録曲]
  1. Money Green
  2. Mighty Blue
  3. '29 Blues
  4. I've Retired
  5. In My Prime
  6. Quit Your Jivin'
  7. Spongy Baby
  8. Step Pepper Stepper
  9. Crawlin' King Snake
  10. Married Woman Blues
  11. Big Time Woman
  12. Stamp Blues
  13. Tease Me Over Blues
  14. Cross Cut Saw Blues
  15. Traveling Man Blues
  16. Fishin' Blues
  17. I'll Get A Break
  18. Wine-O-Woman
  19. Crawlin' King Snake
  20. Tennessee Woman Blues
  21. Delta Pine Blues
  22. Ride, Ride Mama
  23. Evil Hearted Woman Blues
  24. Joliet Blues
  25. So Glad I Found You
1-8番:Alfred Fields、9-19番:Tony Hollins、20-25番:Johnny Shinesです。
Tony Hollins - Cross Cut Saw Blues
Tony Hollins