ウェス・モンゴメリー Wes Montgomery

米国のジャズ・ギタリストです。親指を使ってオクターブの音を重ねて弾くオクターヴ奏法を使った、管楽器のような厚みのある太い音色でソロ楽器としてのギターの地位を高めました。1923年3月6日にインディアナ州インディアナポリスで生まれ、1968年6月15日に死去しました。本名はジョン・レズリー・モンゴメリー( John Leslie Montgomery )です。地元のライヴ・ハウスで活動を始め、1948年にはライオネル・ハンプトン楽団に加入し、1950年まで活動しました。しかし、家族と一緒に生活するためにインディアナポリスに戻りました。1959年にキャノンボール・アダレイと共演して注目されました。アルバムは1962年「Full House」、1963年「Boss Guitar」、1967年「A Day in the Life」などがあります。
エコーズ・オブ・インディアナ・アヴェニュー (Echoes of Indiana Avenu) [日本語書下ろし解説、オリジナルライナーノーツ抄訳付]
ウエス・モンゴメリー
[収録曲]
  1. Diablo's Dance (S. Rogers) - 4:13
  2. Round Midnight (T. Monk) - 7:33
  3. Straight No Chaser (T. Monk) - 7:38
  4. Nica's Dream (H. Silver) - 5:02
  5. Darn That Dream (DeLange, Van Heusen) - 5:51
  6. Take the A Train (B. Strayhorn) - 4:32
  7. Misty (E. Garner) - 4:29
  8. Body and Soul (Green, Heyman) - 4:29
  9. After Hours Blues (Improvisation) - 6:36
Wes Montgomery - Round Midnight