ウィリアム・クラーク William Clarke

白人ブルース・ハーピストで、シカゴ・ブルースを基盤にソウル・ジャズやスウィングの要素を織り込んた演奏をします。1951年3月29日にカリフォルニア州イングルウッドで生まれました。若い時はギターとドラムを演っていいましたが、1967年からハーモニカを吹き始め、機械工として働きながらロサンジェルスで活動しました。そこでジョージ・スミス( George "Harmonica" Smith )と出会い、1977年から彼の死去する1983年まで一緒に演奏しました。初アルバムは地方の小レーベルへ1978年に吹き込んだ「Hittin' Heavy」です。1987年に出したアルバム「Tip of the Top」は W.C. Handy Award に推奨されました。その後、アリゲイター・レコーズにデモ・テープを送って、契約を取り付け、1990年に「Blowin' Like Hell」を発表し、この中の曲「Must Be Jelly」は the Handy Award for Blues Song of the Year を受賞しました。その後も順調に活動しているように見えましたが、かねてからの深酒とドラッグ摂取が祟り、1996年3月、巡業先のインディアナポリスの舞台上で倒れ、鬱血性心不全と診断されました。そして同年11月にカルフォルニア州フレスノでのコンサートでまたも倒れ、出血性胃潰瘍のため死去しました。アルバムは1978年「Hittin' Heavy」、1980年「Blues from Los Angeles」、1983年「Can't You Hear Me Calling」、1987年「Tip of the Top」、1988ん3ん「Rockin' the Boat」、1990年「Blowin' Like Hell」、1994年「Groove Time」、1992年「Serious Intentions」、1996年「The Hard Way」、1999年「Deluxe Edition」などがあります
Serious Intentions
William Clarke
[収録曲]
  1. Pawnshop Bound
  2. Trying To Stretch My Money
  3. Educated Fool
  4. Going Down This Highway
  5. I Know You're Fine
  6. Driving My Life Away
  7. Chasin' The Gator
  8. With A Tear In My Eye
  9. It's Been A Long Time
  10. Work Song
  11. I Feel Like Jumping
  12. Soon Forgotten
William Clarke - Pawnshop Bound
Blowin Like Hell
William Clarke
[収録曲]
  1. Lollipop Mama
  2. Lonesome Bedroom Blues
  3. Gambling For My Bread
  4. Greasy Gravy
  5. Trying So Hard
  6. Cash Money
  7. Must Be Jelly
  8. Sweet Angel's Gone
  9. Looking To The Future
  10. Drinking By Myself
  11. Blowin' Like Hell
William Clarke - Blowin' The Family Jewels 1990