チャーリー・パットン Charley Patton

「デルタ・ブルースの創始者」と称されるチャーリー・パットンはロバート・ジョンソンやブッカ・ホワイトらの憧れの的でした。
1887年頃、ミシシッピー州エドワーズ近郊に生まれました。1900年頃、両親と彼の12人の兄弟達とサンフラワー郡にあるドゥカリー農園に引っ越し、1924年まで暮らし、そこで年長のミュージシャンであるヘンリー・スローンという人にギターを習いました。やがてスカウトされて、1929年6月にパラマウントに初レコーディングを行い、そこで翌年まで在籍し40曲ほどを吹き込んでいます。ギターの弾き語りのほかに、ウィリー・ブラウンとのデュエットや、ヘンリー・シムズのフィドルをバックにしたものなども聞け、バラッドやスピリチュアル、ゴスペル、ラグタイムなど曲種は広範囲に渡っています。その後、1934年にアメリカン・レコード・カンパニー( ARC )に29曲ほど吹き込みました。最後のレコーディングが行われた3ヶ月後にミシシッピー州インディアノーラで心臓弁膜症で亡くなりました。
彼のスタイルはデルタ・ブルースの真髄が詰まったもので、弦をはじいて胴にぶつけたり、胴を叩きながら弾いたりする打楽器的な奏法、さらにボトルネック奏法を使ったりしています。それらはウィリー・ブラウンやサン・ハウス、トミー・ジョンソン達に大きな影響を及ぼしています。

※注
本人は Charlie Patton と綴っていました。
伝説のデルタ・ブルース・セッション1930
サン・ハウス&チャーリー・パットン、ルイーズ・ジョンソン、サン・ハウス
Pヴァインレコード
[収録曲]
  1. All Night Long Blues(ルイーズ・ジョンスン)
  2. Long Ways From Home(ルイーズ・ジョンスン)
  3. My Black Mama(Part1)(サン・ハウス)
  4. My Black Mama(Part2)(サン・ハウス)
  5. Preachin' The Blues(Part1)(サン・ハウス)
  6. Preachin' The Blues(Part2)(サン・ハウス)
  7. M&O Blues(ウィリー・ブラウン)
  8. Future Blues(ウィリー・ブラウン)
  9. On The Wall(ルイーズ・ジョンスン)
  10. By The Moon And Stars(ルイーズ・ジョンスン)
  11. Dry Spell Blues(Part1)(サン・ハウス)
  12. Dry Spell Blues(Part2)(サン・ハウス)
  13. Dry Well Blues(チャーリー・パットン)
  14. Some Summer Day(Part1)(チャーリー・パットン)
  15. Moon Going Down(チャーリー・パットン)
  16. Bird Nest Bound(チャーリー・パットン)
1930年5月28日に行なわれた伝説のセッションの模様です。
伝説のデルタ・ブルース・セッション1930
Pヴァイン・レコード
[収録曲]
  1. All Night Long Blues (Louise Johnson)
  2. Long Ways From Home (Louise Johnson)
  3. Mississippi County Farm Blues (Son House)
  4. Clarksdale Moan (Son House)
  5. My Black Mama Part I (Son House)
  6. My Black Mama Part II (Son House)
  7. Preachin' The Blues Part I (Son House)
  8. Preachin' The Blues Part II (Son House)
  9. M&O Blues (Willie Brown)
  10. Future Blues (Willie Brown)
  11. On The Wall (Louise Johnson)
  12. By The Moon And Stars (Louise Johnson)
  13. Dry Spell Blues Part I (Son House)
  14. Dry Spell Blues Part II (Son House)
  15. Dry Well Blues (Charley Patton)
  16. Some Summer Day Part I (Charley Patton)
  17. Moon Going Down (Charley Patton)
  18. Bird Nest Bound (Charley Patton)
上段の復刻版です。それと2005年まで未発見だった「Clarksdale Moan」と「Mississippi County Farm Blues」を追加収録しています。
ザ・コンプリート・レコーディングス [全曲歌詞付]
チャーリー・パットン
[収録曲]
Disc.1
  1. Mississippi Boweavil Blues
  2. Screamin’ And Hollerin’ The Blues
  3. Down The Dirt Road Blues
  4. Pony Blues
  5. Banty Rooster Blues
  6. It Won’t Be Long
  7. Pea Vine Blues
  8. Tom Rushen Blues
  9. A Spoonful Blues
  10. Shake It And Break It (But Don’t Let It Fall Mama)
  11. Prayer Of Death - Part I
  12. Prayer Of Death - Part II
  13. Lord I’m Discouraged
  14. I’m Goin’ Home
  15. Going To Move To Alabama
  16. Elder Greene Blues (take 1)
  17. Elder Greene Blues (take 2)
  18. Circle Round The Moon
  19. Devil Sent The Rain Blues
  20. Mean Black Cat Blues
Disc.2
  1. Frankie And Albert
  2. Some These Days I’ll Be Gone (take 1)
  3. Some These Days I’ll Be Gone (take 2)
  4. Green River Blues
  5. Farrell Blues
  6. Come Back Corrina
  7. Hammer Blues (take 1)
  8. Hammer Blues (take 2)
  9. Magnolia Blues
  10. When Your Way Gets Dark
  11. Heart Like Railroad Steel
  12. Some Happy Day
  13. You’re Gonna Need Somebody When You Die
  14. Jim Lee Blues - Part I
  15. Jim Lee Blues - Part II
  16. High Water Everywhere - Part I
  17. High Water Everywhere - Part II
  18. Jesus Is A Dying-Bed Maker
  19. I Shall Not Be Moved
  20. I Shall Not Be Moved (alternate take)
  21. Rattlesnake Blues
Disc.3
  1. Running Wild Blues
  2. Tell Me Man Blues
  3. Be True Be True Blues
  4. Joe Kirby
  5. Mean Black Moan
  6. Dry Well Blues
  7. Some Summer Day - Part I
  8. Moon Going Down
  9. Bird Nest Bound
  10. Jersey Bull Blues
  11. High Sheriff Blues
  12. Stone Pony Blues
  13. Yellow Bee
  14. Mind Reader Blues
  15. 34 Blues
  16. Love My Stuff
  17. Revenue Man Blues
  18. Oh Death
  19. Troubled ’Bout My Mother
  20. Poor Me
  21. Hang It On The Wall
Charlie Patton - Shake it and Break it
Charley Patton - Spoonful Blues (Delta Blues 1929)
Charley Patton - Magnolia Blues