ジャイアント・サンド Giant Sand

ハウ・ゲルブ( Howe Gelb )(作詞・作曲, vo)とキャレキシコのジョーイ・バーンズ( John Convertino )(dr)、ジョン・コンバーティノ( Joey Burns )(bs)の三人組でアリゾナ州タクソンを拠点に活動しました。中心人物のハウ・ゲルブは1956年にペンシルバニアで生まれ、1972年にタクソンに移住しました。ハウ・ゲルブはボブ・ディランやニール・ヤングからの影響と、ジャズ・ピアニストのセロニアス・モンク( Thelonious Monk )から受けた感銘を混交した音楽を打ち出しました。代表アルバムは1988年「The Love Songs」、1992年「Center Of The Universe」、2000年「Chore of Enchantment」、2002年「Cover Song」があります。2002年にキャレキシコの二人は自身の音楽活動に専念するために抜けています。
Chore of Enchantment
Giant Sand
THRILL JOCKEY
[収録曲]
  1. Overture
  2. (Well) Dusted (For the Millennium)
  3. Punishing Sun
  4. X-Tra Wide
  5. 1972
  6. Temptation of Egg
  7. Raw
  8. Wolfy
  9. Shiver
  10. Dirty from the Rain
  11. Astonished (In Memphis)
  12. No Reply
  13. Satellite
  14. Bottom Line Man
  15. Way to End the Day
  16. Shrine
複数のプロデューサーが関与し、タクソン、メンフィス、ニューヨークで制作されました。「Shrine」で哀愁漂うギターを弾いたライナー・プタチェク( Rainer Ptacek )は、この作品が発売される前に癌で亡くなりました。
Giant Sand - Shiver
「Shiver」は中年の悲哀を歌った曲です。

Giant Sand - Way to End the Day / Shrine
Giant Sand (Howe Gelb) - Increment Of Love - 2008
Alegrias
Howe Gelb & A Band of Gypsies
[収録曲]
  1. 4 Door Maverick
  2. Uneven Light Of Day
  3. The Ballad Of Lole Y Manuel
  4. Cowboy Boots On Cobble Stone
  5. Notoriety
  6. Blood Orange
  7. Lost Like A Boat Full Of Rice
  8. Broken Bird And The Ghost River
  9. (There were) Always Horses Coming
  10. The Hangin' Judge
  11. Saint Conformity
  12. Where The Wind Turns The Skin To Leather
  13. One Diner Down
Howe Gelb & A Band of Gypsies - Uneven Light Of Day
2007年から2009年にかけてスペインで録音された音源を中心に、フラメンコやジプシー音楽を基礎にして作られています。