ガス・キャノン Gus Cannon

1983年9月12日、ミシシッピー州レッド・バンクスで生まれました。ジャグ・バンドのバンジョー奏者です。子供の頃からお手製のバンジョーを弾いていて、1915年頃から10年間余り、メディシン・ショウにバンジョー・ジョーの芸名で参加し全国を巡業しています。1916年にメンフィスの北にあるリップレイに移り、巡業のない日は農作業をして暮らしていました。その頃に彼はハープのノア・ルイスやギターのアシュリー・トンプソンと知り合って、一緒にパーティなど演奏していました。1928年にビクターのスカウトの依頼で、ノア・ルイス、アシュリー・トンプスンとキャノンズ・ジャグ・ストンパーズ( The Cannon's Jug Stompers )を結成して1928年1月31日に録音します。以後、メンバーは変更になりますが、1930年11月28日までに29曲の吹き込みを行ないました。その後、ガス・キャノンは消息不明でしたが、1963年1月にルーフトップ・シンガーズの歌った「ウォーク・ライト・イン」がビルボード誌第一位のヒットになり、メンフィスで鉄道の構内夫をしていた所を再発見されます。それからスタックスに13曲のレコーディングを残しています。1979年にメンフィスで亡くなりました。
Walk Right In
Gus Cannon
[収録曲]
  1. Narration
  2. Kill It
  3. Walk Right In
  4. Salty Dog
  5. Going Around the Mountain
  6. Ol' Hen
  7. Gonna Raise a Ruckus Tonight
  8. Ain't Gonna Rain No More
  9. Boll Weevil
  10. Come on Down to My House
  11. Make Me a Pallet on Your Floor
  12. Get up in the Morning Soon
  13. Crawdad Hole
Gus Cannon - Walk Right In
Gus Cannon - Going Around the Mountain
キング・オブ・ザ・ブルース(6)
ガス・キャノンズ・ジャグ・ストンパーズ(アーティスト)
ブルース・インターアクションズ
Gus Cannon Documentary Cannon's Jug Stompers
Gus Cannon - Viola Lee Blues (1928)
ノア・ルイス( Noah Lewis )の原曲でグレイトフル・デッド( Grateful Dead )やライ・クーダー( Ry Cooder )が追演しています。
Gus Cannon - Poor Boy, Long Ways From Home