ハンボーン・ウィリー・ニューバーン Hambone Willie Newbern

詳しいことはほとんど知られていません。スリーピー・ジョン・エステスとヤンク・レイチェルの証言では、テネシー州ブラウンスヴィルの住人です。スリーピー・ジョン・エステスは彼からギターを教わったそうです。またフィドリン・ジョン・マーティンの証言では『ヴィックスバーグで演奏をしているのを見た』と言っています。
1929年にオーケーが行なったアタランタでのフィールド・レコーディングで6曲を吹き込みました。「Roll and Tumble Blues」は「Rollin' and Tumblin'」の原曲とされています。巧みで緊張感みなぎる迫真のボトルネック演奏は最高です。1940年代に監獄で殺されたと言われています。
The Greatest Songsters: Complete Works (1927-1929)
Hambone Willie Newbern(アーティスト)
Document
[収録曲]
  1. James Alley Blues
  2. Never Let the Same Bee Sting You Twice
  3. I'm Not Jealous
  4. Mystery of the Dunbar's Child
  5. Sinking of the Titanic
  6. Frankie
  7. Nobody's Dirty Business
  8. Ain't No Tellin'
  9. Louis Collins
  10. Avalon Blues
  11. Big Leg Blues [#]
  12. Stack O' Lee Blues
  13. Candy Man Blues
  14. Got the Blues (Can't Be Satisfied)
  15. Blessed Be the Name
  16. Praying on the Old Camp Ground
  17. Blue Harvest Blues
  18. Spike Driver Blues
  19. She Could Toodle-Oo
  20. Nobody Knows (What the Good Deacon Does)
  21. Shelby County Workhouse Blues
  22. Way Down in Arkansas
  23. Hambone Willie's Dreamy-Eyed Woman's Blues
  24. Roll and Tumble Blues
Hambone Willie Newbern - Roll And Tumble Blues