ホームシック・ジェイムズ Homesick James

1914年4月30日、テネシー州サマーヴィルに生まれました。本名をジェイムズ・ウィリアムスンといい、エルモア・ジェイムズとは従兄弟に当たります。9歳~10歳頃にはギターを弾き始めました。ブラインド・ボーイ・フラーやスリーピー・ジョン・エステスとも一緒に演奏したことがあるそうです。1930年にシカゴに移住して音楽の仕事に就きます。1940年代にはサニー・ボーイⅠやビック・ビル・ブルーンジーとも活動し、1952年にチャンスに初録音しました。1950年代中頃には、エルモア・ジェイムズの吹き込みに数多く付き合っています。1964年にプレステッジに一枚、1965年にヴァンガードに数曲、ブルースウェイでは「Blues On The South Side」などのアルバムを作っています。その後、スヌーキー・プライヤーとも一緒に仕事をしました。
Juanita
Homesick James(アーティスト)
Evidence
[収録曲]
  1. Juanita
  2. My Baby
  3. Time Is Growin' Near
  4. Lonesome Old Train
  5. Someday Baby
  6. Drivin' Dog
  7. Careless Love
  8. Right Life
  9. I Can't Hold Out
  10. Stop That Thing
Last of the Broomdusters
Homesick James(アーティスト)
Fedora
[収録曲]
  1. Early One Morning
  2. Long Tall Woman
  3. Kissin' in the Dark
  4. Rockin' and Rollin'
  5. Sugar Mama
  6. Shake Your Money Maker
  7. Thought I Heard My Baby Call My Name
  8. Truck Drivin' Woman
  9. Married Woman
  10. Crutch and Cane
  11. Medley: Woman I'm Lovin'/Two Days Before Christmas
Blues on the South Side
Homesick James(アーティスト)
Prestige/Original Blues Classics
[収録曲]
  1. Woman I'm Lovin'
  2. She May Be Your Woman
  3. Goin' Down Swingin'
  4. Homesick's Shuffle
  5. Johnny Mae
  6. Gotta Move
  7. Lonesome Road
  8. Working With Homesick
  9. Cloud Is Crying
  10. Homesick's Blues
  11. Crawlin'
  12. Stones in My Passway
Homesick James - crossroads
Yank Rachell and Homesick James - Chicago Blues Fest (1993.5.28)