ジム・クウェスキン・ジャグ・バンド The Jim Kweskin Jug Band

1963年に結成されたジャグバンドで、ジム・クウェスキン(vo, g)、マリア・ダマトゥ(vo, カズー, タンバリン)。ジェフ・マルダー(g, vo, クラリネット, ウォッシュボード)、ビル・キース(バンジョー, スティール・ギター)、フィリップ・リッチモンド(ジャグ, ウォッシュタブ・ベース)らが在籍していました。ジャグ・バンド・リヴァイヴァルの旗振り役となり、さまざまに人員が入れ替わながら、6年間に渡って活動しました。解散後にクウェスキンはライマンのカルト宗派”Family”の一員となりました。アルバムは1968年「Best of Jim Kweskin and The Jug Bands」などがあります。
2013年4月10日、4月12日、14日、16日、18日、19日、21日に”REUNION TOUR 2013”の一環として来日公演を行いました。ジム・クウェスキン、マリア・マルダー、ジェフ・マルダー、ビル・キース、リチャード・グリーンの構成です。
2015年6月10日~12日、13日~15日、18日、19日、21日に来日公演しました。2003年から一緒に活動しているサモア・ウィルソンも同行しています。
Acoustic Swing & Jug
Jim Kweskin
[収録曲]
  1. Jug Band Music
  2. Beedle Um Bum
  3. Somebody Stole My Gal
  4. That's When I'll Come Back To You
  5. I'm A Woman
  6. Never Swat A Fly
  7. Rag Mama
  8. Richland Woman
  9. My Gal
  10. Blues My Naughty Sweetie Gives To Me
  11. Chevrolet
  12. Ukelele Lady
  13. Memphis
  14. Blues In The Bottle
  15. Morning Blues
  16. Crazy Words, Crazy Tune
  17. Borneo
  18. Downtown Blues
  19. Wild About My Loving
  20. I'm Satisfied With My Gal
Jim Kweskin and The Jug Band - Jug Band Music
Jim Kweskin and The Jug Band - Morning Blues
Greatest Hits
Jim Kweskin & Jug Band
[収録曲]
  1. Jug Band Music
  2. Beedle Um Bum
  3. Hawaii
  4. Simebody Stole My Gal
  5. That's When I'll Come Back To You
  6. Mobile Line
  7. Never Swat A Fly
  8. Rag Mama
  9. Richland Woman
  10. My Gal
  11. Overseas Stomp
  12. Blues My Naughty Sweetie Gives To Me
  13. Borneo
  14. Ukelele Lady
  15. Memphis
  16. Crazy Words, Crazy Tune
  17. I'm A Woman
  18. Storybook Ball
  19. Downtown Blues
  20. Morning Blues
  21. Wild About My Loving
  22. I'm Satisfied With My Gal
  23. Chevrolet
  24. Blues In The Bottle
Jim Kweskin Jug Band - Somebody Stole My Gal
Jim Kweskin & The Jug Band (Newport Folk & Jazz Festival)