ジョン・レンボーン John Renbourn

1944年8月8日に英国ロンドンのメリルボーンに生まれました。ソロ活動と並行して、バート・ヤンシュとの共演、ペンタングルでのバンド活動でも知られています。初のソロ・アルバムは1966年の「John Renbourn」(邦題「ジョンレンバーンの世界」)です。バート・ヤンシュとの共演盤は1966年の「Bert and John」があります。2015年3月26日にスコットランドの自宅で心臓発作のため亡くなくなっているところを発見されました。

来日公演は、1978年(ステファン・グロスマンと共演)、1979年(単独)、1996年(ジャッキー・マクシー、ウィズ・ジョーンズと共演)、2000年(ダック・ベイカーと共演)、2005年(ウッディ・マンと共演)です。

Hermit
John Renbourn
Castle Music UK
ペンタングルを解散して、1976年の初めての自己名義のアルバムです。
John Renbourn
John Renbourn
[収録曲]
  1. Judy
  2. Beths Blues
  3. Song
  4. Down On The Barge
  5. John Henry
  6. Plainsong
  7. Louisiana Blues
  8. Blue Bones
  9. Train Tune
  10. Candy Man
  11. The Wildest Pig In Captivity
  12. National Seven
  13. Motherless Children
  14. Winter Is Gone
  15. Noah And The Rabbit
  16. The Wildest Pig In Captivity (Instrumental) (Bonus Track)
  17. Cant Keep From Crying (Bonus Track)
  18. Blues Run The Game (Bonus Track)
John Renbourn - Down On The Barge
Lady & The Unicorn
John Renbourn
[収録曲]
  1. Trotto/Saltarello
  2. Lamento Di Tristan/La Rotta
  3. Veri Floris/Triple Ballade
  4. Bransle Gay/Bransle de Bourgogne
  5. Alman/Melancholy Galliard
  6. Sarabande
  7. The Lady and the Unicorn
  8. Medley: My Johnny Was a Shoemaker/Westron Wynde/Scarborough Fair
John Renbourn - The Lady and the Unicorn
Live in Kyoto 1978
John Renbourn
[収録曲]
  1. Candyman
  2. Anji
  3. I Know My Babe
  4. So Early in the Spring
  5. Kokomo Blues
  6. The Cuckoo
  7. Banks of the Sweet Primroses
  8. John Barleycorn
  9. Peacock Rag
  10. The Earle of Salisbury
  11. Transfusion
  12. Lamentation for Owen Roe O’Neill/The Orphan/The English Dance
  13. Medley: Gypsy Dance/Jew’s Dance
京都の老舗ライヴ・ハウス拾得で行った公演の模様を収めたライヴ・アルバムです。
John Renbourn & Stefan Grossman - Transfusion
ジ・アティック・テープス
ジョン・レンボーン
[収録曲]
  1. Anji
  2. Blues Run The Game
  3. Rosslyn
  4. Picking Up The Sunshine
  5. I Know My Babe
  6. The Wildest Pig In Captivity
  7. Candyman
  8. Buffalo
  9. National Seven
  10. Come Back Baby
  11. Train Tune
  12. Judy
  13. Beth's Blues
  14. Cocaine
  15. Courting Blues
  16. It Hurts Me Too
  17. Portland Town
  18. Plainsong
  19. Can't Keep From Crying
  20. Nobody Knows You When You're Down And Out
未発表テープです。レコード・デヴュー前の1960年代前半に一緒だったマック・マクロードの自宅屋根裏部屋で眠っていました。
John Renbourn - Sugar Babe