ペンタングル The Pentangle

ソロ・ギター奏者としてすでに名を成していたバート・ヤンシュとジョン・レンボーンは、1966年に「バート&ヤンシュ」という共演アルバムを1枚出しました。その延長線上で結成されたペンタングルの初期メンバーには、ジャズ畑からダニー・トンプソン(b)、テリー・コックス(dr)とフォーク歌手ジャッキー・マクシーが参加しました。トランス・アトランティックと契約し、1968年から71年にかけて5枚のアルバムを作製しました。伝承民謡や、ジャズの器楽曲、ブルースを織り交ぜて演奏し、国内や国外を活発に巡業公演した後、リプリーズと契約し、1972年に「ソロモンズ・シール」を出しました。これがバンドの最後のアルバムとなり、ヤンシュとレンボーン、マクシー2年間、半ば引退してしまいました。トンプソンはギター奏者ジョン・マーティン( John Martyn )と組んで活動し成功しました。その後、1980年にペンタングルは再結成されています。
2016年7月26日、28日に来日公演しました。
Basket of Light
Sanctuary
[収録曲]
  1. Light Flight [Theme from Take Three Girls]
  2. Once I Had a Sweetheart
  3. Springtime Promises
  4. Lyke Wake Dirge
  5. Train Song
  6. Hunting Song
  7. Sally Go Round the Roses
  8. Cuckoo
  9. House Carpenter
The Pentangle - Light Flight
Pentangle - The Cuckoo
The Pentangle - House Carpenter
The Pentangle
Castle Music (UK)
[収録曲]
  1. Let no man steal your thyme
  2. Bells
  3. Hear my call
  4. Pentangling
  5. Mirage
  6. Way behind the sun
  7. Bruton town
  8. Waltz
  9. Koan (alternate version)
  10. The wheel (alternative version)
  11. The casbah (alternate version)
  12. Bruton town (edit 153)
  13. Hear my call (alternate version)
  14. Way behind the sun (alternate version)
  15. Way behind the sun (instrumental)