キティー、デイジー & ルイス Kitty, Daisy & Lewis

ロンドン出身で女2人と男1人、デビュー当時は15歳、20歳、18歳の3兄弟です。父親はU2らとの仕事で知られるマスタリング・エンジニアのグリーム・ダラムで、母親はレインコーツでドラムを叩いていたイングリッド・ウェイスです。全員がハーモニカ、ラップ・スティール、バンジョー、アコーディオン、ピアノなど多彩な楽器を操ります。1940年~1960年代の味付けを施した曲を演奏します。
2015年4月23日、24日に来日公演でした。2015年10月1日、2日にも来日公演しました。
Kitty, Daisy & Lewis
Daisy & Lewis Kitty
[収録曲]
  1. Going Up the Country
  2. Buggin' Blues
  3. Polly Put the Kettle On
  4. Honolulu Rock-A Roll-A
  5. I Got My Mojo Working
  6. Mean Son of a Gun
  7. Hillbilly Music
  8. Mohair Sam
  9. Ooo Wee
  10. Swinging Hawaii
  11. (Baby) Hold Me Tight [*]
  12. Say You'll Be With [*]
  13. Ride [*]
ルイスは8トラック・レコーダーや78回転盤のマニアで、ここではアナログ機材を使って録音しています。
キャンド・ヒート、ルイ・ジョーダン、ジョニー・ホートンなどの選曲に自作曲を交えて演奏しています。録音スタジオを所有する父と、ザ・レインコーツのドラマーだった母が参加して、ダブル・ベースやギターで盛り上げます。

Kitty Daisy & Lewis - Going Up The Country
キャンド・ヒートのヒット作です。
Smoking In Heaven [解説付・ボーナストラック収録 / 国内盤] (BRC292)
Kitty Daisy & Lewis
[収録曲]
  1. Tomorrow
  2. Will I Ever
  3. Baby Don't Know
  4. Don't Make A Fool Out Of Me
  5. I'm Going Back
  6. Paan Man Boogie
  7. Messing With My Life
  8. What Quid
  9. You'll Soon Be Here
  10. I’m So Sorry
  11. You'll Be Sorry
  12. I'm Coming Home
  13. Smoking In Heaven
  14. Coco Nuts (Bonus Track for Japan)
ジャケット写真の撮影は彼らのファンを自認する俳優のイライジャ・ウッドです。
ジャマイカ勢が演奏に参加しています。1曲目の「Tomorrow」のトランペットはエディ・タンタン・ソートン( Eddie 'Tan Tan' Thornton )、10曲目の「I'm Coming Home」のトロンボーンはリコ・ロドリゲス( Rico Rodriguez )です。
Kitty, Daisy & Lewis - Don't Make A Fool Out Of Me
10 Kitty, Daisy & Lewis - Say You'll Be Mine
Kitty, Daisy & Lewis - Messing With My Life
Kitty, Daisy & Lewis - I'm So Sorry