キャンド・ヒート Canned Heat

サン・ハウスの発見にも尽力したブルース研究家のアル・ウィルスン(guit, harp, vo)とボブ・ハイト(harp, vo)を中心に1966年にロサンジェルスで結成されました。バンド名の由来はトミー・ジョンソンの曲「Canned Heat Blues」からです。
古い曲の焼き直しを得意とし、68年にメンフィス・ジャグ・バンドの曲「On The Road Again」が、60年にヘンリー・トーマスの曲「Going up the Country」が、70年にウィルバート・ハリスンの曲「Let's Work Together」がヒットしました。
アルバムでは1968年の二作目「Boogie With Canned Heat」(邦題「ブギーに生きて」)がヒット作「Going up the Country」を収録しています。
アル・ウィルスンが1970年9月3日にドラッグが原因で死去し、1981年4月1日にはボブ・ハイトが死去して解散ました。
Future Blues
Canned Heat(アーティスト)
Vivid Sound
[収録曲]
  1. Sugar Bee
  2. Shake It and Break It
  3. That's All Right, Mama
  4. My Time Ain't Long
  5. Skat
  6. Let's Work Together
  7. London Blues
  8. So Sad (The World's in a Tangle)
  9. Future Blues
  10. Let's Work Together [Mono Version][*][Version]
  11. Skat [Mono Version][*][Version]
  12. Wooly Bully [*]
  13. Christmas Blues [*]
  14. Chipmunk Song (Christmas Don't Be Late) [*]
「Shake It and Break I」はチャーリー・パットンの曲です。
ブギー・ウィズ・キャンド・ヒート
キャンド・ヒート(アーティスト)
ヴィヴィッド
[収録曲]
  1. EVIL WOMAN
  2. MY CRIME
  3. ON THE ROAD AGAIN
  4. WORLD IN A JUG
  5. TURPENTINE MOAN
  6. WHISKEY HEADED WOMAN NO.2
  7. AMPHETAMINE ANNIE
  8. AN OWL SONG
  9. MARIE LAVEAU
  10. FRIED HOCKEY BOOGIE
  11. ON THE ROAD AGAIN(SINGLE VERSION)
  12. BOOGIE MUSIC
  13. GOIN' UP THE COUNTRY
  14. ONE KIND FAVOR
  15. CHRISTMAS BLUES
  16. THE CHIPMUNK SONG
第三作目です。「GOIN' UP THE COUNTRY」はCMにも使われています。この曲は「ラグタイム・テキサス」の名で活動したテキサスのブルース・マンであるヘンリー・トーマスの「バル・ダズ・ブルース」を再構築したものです。
Canned Heat - Going up the Country
Canned Heat - On The Road Again