ジュニア・ワトソン Junior Watson

マイティ・フライヤーズ( The Mighty Flyers )に10年ほど在籍し、その後、キャンド・ヒート( Canned Heat )に10年在籍しています。また、セッション・ギタリストとしてビッグ・ママ・ソーントンやジョージ・スミス、ジミー・ロジャーズ、ルーサー・タッカー、チャーリー・マッスルホワイト、キム・ウィルスン、キッド・ラモスなどの伴奏もしています。自己名義アルバムは、1987年「Long Overdue」、1998年「Back to Back」、2002年「If I Had A Genie」、2002年「Jumpin' Wit Junior」、2012年「Live From Outer Space」などがあります。
Long Overdue
Junior Watson(アーティスト)
Black Top
[収録曲]
  1. Certainly All
  2. Lonesome Train
  3. Biscuits
  4. Frankie and Johnny
  5. Mojo Boogie
  6. That's What You Do to Me
  7. Woodpecker
  8. Want Me Some Love
  9. Big Boy
  10. Long Time Baby
  11. Special Lesson No. 1
  12. Five Long Letters
  13. Cool Evening
  14. I Gotta Go (Back Home)
  15. Lump in My Throat
  16. Train
  17. Don't Leave Me Baby (The Easy Livin' Plan)
Junior Watson - That's What You Do To Me
If I Had a Genie
Junior Watson(アーティスト)
Utr Music Group
[収録曲]
  1. Word About a Woman
  2. If I Had a Genie
  3. Early in the Morning
  4. Two Tacos
  5. Lonesome Old Feeling
  6. Blues After Hours
  7. Call Everybody Sweetheart
  8. Pleasure Is All Mine
  9. Flappin'
  10. Something's Wrong
  11. It's You
  12. Spring-Roll
  13. House Party
  14. Strangest Woman
Junior Watson - Blues After Hours
Junior Watson - Playing Frankie Lee Sims
フランキー・リー・シムズの曲を演奏しているところです。

Junior Watson - Cuban Getaway
アイク・ターナー( Ike Turner )の曲です。