キム・ウィルスン Kim Wilson

1951年にミシガン州デトロイトに生まれました。9歳の時にLAに移住して、ジョージ・スミスからハープを習いました。その後ミネソタに移住して演奏活動を続けました。遠征先でジミー・ヴォーンに出会いテキサスでファビュラス・サンダーバードを結成しました。
ソロ・アルバムは1991年「Tigerman」、1994年「That's Life」、1998年「My Blues」などがあります。
That's Life
Kim Wilson(アーティスト)
Discovery
[収録曲]
  1. Baby Please Don't Lie to Me
  2. Time Is on My Side
  3. Don't Bite the Hand That Feeds You
  4. She's My Baby
  5. Ooh Baby (When You Squeeze Me)
  6. Humpin' to Please
  7. I've Been Searchin'
  8. Pretty Baby
  9. Teach Me (How to Love You)
  10. Blues Leave Me Alone
  11. Lowdown
1994年に発売された二作目です。
客演しているのは、デューク・ロビラード、デレック・オブライエン、ラスティ・ズィン、ジュニア・ワトソン、カルヴィン・ジョーンズなどです。
Lookin' for Trouble
Kim Wilson(アーティスト)
MC
[収録曲]
  1. Lookin' for Trouble, Pt. 2
  2. Tortured
  3. Hurt on Me
  4. Money Marble & Chalk
  5. Love My Baby
  6. Love Attack
  7. F Fat
  8. Hook Line & Sinker
  9. Hand to Mouth
  10. Sometimes
  11. Tried to Ruin Me
  12. Lookin' for Trouble
  13. Down With It
  14. Hightime
  15. Jr.'s Jump
2003年に発売された5枚目のアルバムです。
Kim Wilson - Lookin' For Trouble