レナード・キャストン Leonard Caston

レオナルド・ベイビー・ドゥ・キャストン( Leonard "Baby Doo" Caston )と呼ばれた米国のピアニスト/ギタリストです。1917年6月2日にミシシッピー州サムロール( Sumrall )で生まれ、1987年8月22日にミネソタ州ミネアポリスで心臓病で死去しました。8歳からミシシッピ州ミードヴィルで育ち、1934年から36年までイリノイ州シカゴで暮らした後、ミシシッピに戻りました。リロイ・カーやアート・テイタムの影響下でピアノを学び、1938年に再びシカゴに出て、デッカ・レコードのプロデューサー、メイヨ・ウィリアムズ( Mayo Williams )と出会い、ユージン・ギルモア、アーサー・ディクスンとトリオで録音しました。その後、ファイヴ・ブリーゼズ( the Five Breezes )に参加し、全米を巡業しました。1940年にデッカに初のソロ名義で「The Death of Walter Barnes」を吹き込みました。ハーモニカ伴奏にロバート・ナイトホークが参加しています。1941年にファイブ・ブリーゼズが解散すると、リズム・ラスカルズ・トリオ( the Rhythm Rascals Trio )を組んで活動しました。戦後は ウィリー・ディクスンと一緒にフォー・ジャンプス・オヴ・ジャイヴ( the Four Jumps of Jive )とザ・ビッグ・スリー・トリオ( the Big Three Trio )の二つのバンドで活動しました。ザ・ビッグ・スリー・トリオはコロンビアとオーケーからレコードを出しました。最後の録音は1952年ですが、公式に解散したのは1956年となっています。ソロ名義でのアルバムは「Baby Doo's House Party」があります。
Leonard Caston - The Death Of Walter Barnes
Leonard Caston - I'm Gonna Walk Your Log
Leonard "Baby Doo" Caston - I Feel Like Steppin' Out
Leonard "Baby Doo" Caston - Low Down Dog