ウィリー・ディクスン Willie Dixon

1915年7月1日にミシシッピー州ヴィックスバーグの生まれました。1935年頃シカゴに行き、ヘビー級のボクサーをしていました。1949年にロバート・ナイトホークの「Sweet Black Angel」に付き合ったことが切っ掛けでチェスに入社し、ベース奏者として作曲者としてプロデューサーとして多彩な活躍をしました。マディー・ウォーターズの「Hoochie Coochie Man」、ハウリン・ウルフの「Spoonfu」や「Little Red Rooster」、オーティス・ラッシュの「I Can't Quit You Baby」などは彼の作品として有名です。また、アメリカン・フォーク・フェスティバルをプロデュースしたり、ヤンボ・レーベルを所有してココ・テイラーなど多くアーティストをレコーディングしました。1992年1月29日、カルフォルニア州バーバンクで心臓病のために死去しました。
I Am the Blues
Willie Dixon(アーティスト)
Mobile Fidelity
[収録曲]
  1. Back Door Man
  2. I Can't Quit You Baby
  3. Seventh Son
  4. Spoonful
  5. I Ain't Superstitious
  6. You Shook Me
  7. (I'm Your) Hoochie Coochie Man
  8. Little Red Rooster
  9. Same Thing
Willie Dixon - You Shook Me
Willie Dixon - Bassology
Willie Dixon - Crazy For My Baby