マディ・ウォーターズ Muddy Waters

1913年4月4日、ミシシッピー州ローリン・フォードに生まれ、クラークスデイルで育ちました。本名はマッキンレー・モーガンフィールドです。
ハーモニカを手始めに、ギターを弾き始めました。ジューク・ジョイントでの演奏で腕を磨き、やがてサン・ハウスやロバート・ジョンソンの影響下にボトルネック奏法を使うようになりました。1941年にアラン・ロマックスが、ロバート・ジョンソンを探すために南部の地に来たのですが、既に死亡していたため、代わりに録音したのがマディです。
1943年にシカゴに移り、製紙工場で働きながら、エディ・ボイドやサニーランド・スリムの伴奏をしていました。1947年にチェスの前身であるアリスト・クラートにて録音を始めました。翌年の二作目「I Can't Be Satisfied」がヒットとなり名を上げました。酒場の喧騒に対抗するためだった、ギターやハープを電気によって音量増幅した荒々しくも繊細なサウンドは黒人達に歓迎され、「Hoochie Coochie Man」、「Just Make Love To You」などのヒットを連発しました。
彼のバンドからはバディ・ガイ、ジェイムス・コットン、オーティス・スパンなどのシカゴ・ブルース・シーンを支える逸材を多数輩出しています。
日本には1980年に来ています。
1983年4月30日、イリノイ州ウェストモンドで亡くなりました。
Well, my mother told my father Just before hmm, I was born "I got a boy child's comin' He's gonna be, he's gonna be a "Rollin' Stone" Sure 'nough, he's a "Rollin' Stone" Sure 'nough, he's a "Rollin' Stone" Oh well he's a, oh well he's a, oh well he's a おれが生まれる前に おやじがおふくろに言った  きっと男の子さ、その子は石コロみたいになるよ  ゴロゴロころがる  石コロみたいなヤツさ、きっとそうさ - マディ・ウォーターズ 『ローリング・ストーン』
Down on Strovall's Plantation
His First Recordings - The Historic
The Histric 1941-42 Library of Congress Recordings
Muddy Waters

[収録曲]
  1. I Be's Troubles
  2. Rambling Kid Blues
  3. You Got to Take Sick and Die Some of These Days
  4. Burry Clover Blues
  5. Pearlie Mae Blues
  6. Country Blues, No.1
  7. Why Don't You Live So God Can Use You?
  8. Rosalie
  9. Country Blues, No.2
  10. Take a Walk with Me
  11. Joe Turner
  12. You're Gonna Miss Me When I'm Dead and Gone
  13. I Be bound to Write to You
国立図書館に収蔵された歴史的にも貴重な資料です。これは私の持っているLP盤の収録曲です。
The Complete Plantation Recordings
Muddy Waters
[収録曲]
  1. Country Blues (Number One)
  2. Interview #1 (Previously Unissued)
  3. I Be's Troubled
  4. Interview #2 (Previously Unissued)
  5. Burr Clover Farm Blues (Previously Unissued)
  6. Interview #3 (Previously Unissued)
  7. Ramblin' Kid Blues (Partial. Previously Unissued)
  8. Ramblin' Kid Blues
  9. Rosalie
  10. Joe Turner (Vocal: Percy Thomas)
  11. Pearlie May Blues (Vocal: Percy Thomas)
  12. Take A Walk With Me (Second Guitar: Son Simms)
  13. Burr Clover Blues (Second Guitar: Son Simms)
  14. Interview #4 (Previously Unrelaeased)
  15. I Be Bound To Write To You
  16. I Be Bound To Write To You (Second Version, Second Guitar: Charles Berry, Previously Unissued)
  17. You're Gonna Miss Me When I'm Gone (Number One)
  18. You Got To Take Sick & Die Some Of These Days
  19. Why Don't You Live So God Can Use You
  20. Country Blues
  21. You're Gonna Miss Me When I'm Gone
  22. 32-20 Blues
上のLPに該当するCD盤のようです。
Complete Plantation Recordings: Historic 1941-1942
Muddy Waters
[収録曲]
  1. Country Blues
  2. Interview #1 - Alan Lomax
  3. I Be's Troubled
  4. Interview #2 - Alan Lomax, John Work
  5. Burr Clover Farm Blues
  6. Interview #3 - John Work
  7. Ramblin' Kid Blues
  8. Ramblin' Kid Blues
  9. Rosalie
  10. Joe Turner
  11. Pearlie May Blues
  12. Take a Walk With Me
  13. Burr Clover Blues
  14. Interview #4
  15. I Be Bound to Write You [First Version]
  16. I Be Bound to Write You [Second Version]
  17. You're Gonna Miss Me
  18. You Got to Take Sick and Die Some of These Days
  19. Why Don't You Live So God Can Use You?
  20. Country Blues
  21. You're Gonna Miss Me
  22. 32-20 Blues
同上のCD盤です。
Down on Stovall's Plantation

Muddy Waters

[収録曲]
  1. Country Blues #1
  2. I Be's Troubled
  3. Burr Clover Farm Blues [#]
  4. Ramblin' Kid Blues [Partial][#]
  5. Ramblin' Kid Blues
  6. Rosalie
  7. Joe Turner
  8. Pearlie May Blues
  9. Take a Walk With Me
  10. Burr Clover Blues
  11. I Be Bound to Write to You [First Version]
  12. I Be Bound to Write to You [Second Version][#]
  13. You're Gonna Miss Me When I'm Gone #1
  14. You Got to Take Sick and Die Some of These Days
  15. Why Don't You Live So God Can Use You?
  16. Country Blues #2
  17. You're Gonna Miss Me When I'm Gone #2
  18. 32-20 Blues [#]
同上のCD盤です。
アイ・フィール・ライク・ゴーイング・ホーム"シングルス&レア・トラックス+2
マディ・ウォーターズ ( Muddy Waters )

[収録曲]
  1. リトル・アンナ・メイ
  2. ミーン・ディスポジション
  3. アイ・フィール・ライク・ゴーイング・ホーム
  4. ユーアー・ゴナ・ミス・ミー
  5. スタンディング・ヒア・トレンブリング
  6. ラスト・タイム・アイ・フール・アラウンド・ウィズ・ユー
  7. ホエアズ・マイ・ウーマン・ビーン
  8. スタッフ・ユー・ガッタ・ウォッチ
  9. ロンサム・デイ
  10. アイオダイン・イン・マイ・コーヒー
  11. スモークスタック・ライトニン
  12. レット・ミー・ハング・アラウンド
  13. ボーン・ラヴァー
  14. ディープ・ダウン・イン・マイ・ハート
  15. グッド・ルッキング・ウーマン
  16. ミーン・レッド・スパイダー
Hard Again
Muddy Waters

[収録曲]
  1. Mannish Boy
  2. Bus Driver
  3. I Want To Be Loved
  4. Jealous Hearted Man
  5. I Can't Be Satisfied
  6. The Blues Had A Baby And THey Named It Rock And Rool(#2)
  7. Deep Down In Florida
  8. Crosseyed Cat
  9. Little Girl
ジョニー・ウィンターが監修しています。60歳を過ぎて溌剌としたマディ・ウォーターズの歌声が聞けます。
ガンスモーク・ブルーズ・ライヴ1971
マディ・ウォーターズ(アーティスト)ビッグ・ママ・ソーントン(アーティスト)
コロムビアミュージックエンタテインメント(DVD)
1971年のライブを収めています。
共演はビッグ・ママ・ソートン、ジョージ・“ハーモニカ”・スミス、ビッグ・ジョー・ターナー他。
マディ・ウォーターズ・シカゴ・ブルース・バンドVol.1
マディ・ウォーターズ・シカゴ・ブルース・バンド(演奏)
Pヴァイン・レコード
[収録曲]
  1. Chicago Slide (MUDDY WATERS CHICAGO BLUES BAND)
  2. Creepin' Snake (MUDDY WATERS CHICAGO BLUES BAND)
  3. Lookout Victoria (MUDDY WATERS CHICAGO BLUES BAND)
  4. You Done Lost Your Good Thing Now (MUDDY WATERS CHICAGO BLUES BAND)
  5. Take Webster's Word For It (MUDDY WATERS CHICAGO BLUES BAND)
  6. Theme (MUDDY WATERS CHICAGO BLUES BAND)
  7. Ain't Nobody's Business What I Do (MUDDY WATERS CHICAGO BLUES BAND)
  8. Born in Georgia (MUDDY WATERS CHICAGO BLUES BAND)
  9. Trouble Hurts (MUDDY WATERS CHICAGO BLUES BAND)
  10. Watermelon Man (MUDDY WATERS CHICAGO BLUES BAND)
  11. Old Ugly Man Like Me (MUDDY WATERS CHICAGO BLUES BAND)
  12. Gave It All To Me (MUDDY WATERS CHICAGO BLUES BAND)
  13. You Know You Don't Love Me Baby (OTIS SPANN)
  14. Why Don't You Leave Me Alone (OTIS SPANN)
ヴィクトリア・スピヴィの設立したニューヨークのスピヴィ・レーベルに遺された1966年のマディ・ウォーターズ・ブルース・バンド名義の2枚をCDにしたものです。1960年代の高純度シカゴ・ブルースが詰め込まれています。オーティス・スパン(vo, p)、ジョージ・スミス(vo, hca)、ルーサー・ジョンスン(vo, gt)、サミー・ローホーン(gt)、フランシス・クレイ(bs)、そしてヴィクトリア・スピヴィも参加しています。そして、”メイン・ストリーム”とクレジットされている謎のギター奏者がマディ・ウォーターズ本人だとされています。
ザ・ラフ・ガイド・トゥ・マディ・ウォーターズ(ボーナスCD付き)
マディ・ウォーターズ
[収録曲]
Disk.1
  1. Country Blues, Number One
  2. Take a Walk With Me
  3. I Be Bound To Write To You
  4. You Got To Take Sick and Die Some of These Days
  5. Burying Ground Blues
  6. I Can't Be Satisfied
  7. I Feel Like Going Home
  8. You Gonna Miss Me
  9. Mean Red Spider
  10. Louisiana Blues
  11. Streamline Woman
  12. Train Fare Home
  13. Hello Little Girl [Appealing Blues]
  14. Screamin' and Cryin'
  15. You're Gonna Need My Help
  16. Rollin' Stone
  17. Rollin' and Tumblin'[Part One]
  18. Rollin' and Tumblin'[Part Two]
  19. Walking Blues
  20. Long Distance Call
  21. Honey Bee
Disk.2
  1. My Babe(Little Walter)
  2. Cotton Crop Blues(James Cotton)
  3. Walking By Myself(Jimmy Rogers)
  4. Hoodoo Man Blues(Junior Wells)
  5. Black Gal Blues(Walter Horton)
  6. Dust My Broom(Robert Lockwood Jr)
  7. Rockin' And Rollin(Lil' Son Jackson)
  8. Sweet Angel(Earl Hooker)
  9. Rollin' and Tumblin [Part One](Baby Face Leroy Foster)
  10. Rollin' and Tumblin [Part Two](Baby Face Leroy Foster)
  11. Sit and Cry the Blues(Buddy Guy)
  12. One Doggone Reason(St Louis Jimmy Oden)
  13. I Can't Quit You Baby(Otis Rush)
Disk.1はデルタ・ブルースからシカゴ・ブルースへの形成過程を辿ったものです。1941年、42年の国会図書館用の録音が4曲、46年のコロンビア録音が1曲、47年「I Can't Be Satisfied」から51年「Honey Bee」までのtチェス録音が16曲、合計21曲を収録しています。
Disk.2は彼と相互影響したブルース・マン達の演奏を収録しています。
Muddy Waters - Rollin' and Tumblin' Part 1 and 2
Muddy Waters - Rollin' Stone (Catfish Blues)
At Newport 1960
Muddy Waters
[収録曲]
  1. I Got My Brand On You
  2. (I'm Your) Hoochie Coochie Man
  3. Baby, Please Don't Go
  4. Soon Forgotten
  5. Tiger In Your Tank
  6. I Feel So Good
  7. I've Got My Mojo Working
  8. I've Got My Mojo Working, Part 2
  9. Goodbye Newport Blues
  10. I Got My Brand On You
  11. Soon Forgotten
  12. Tiger In Your Tank
  13. Meanest Woman
Muddy Waters Band - Got My Mojo Working (Live at Newport Jazz Festival, July 3 1960)
Muddy Waters - Still a Fool
トミー・マクレナン( Tommy McClennan )の「Deep Blue Sea Blues」と同じ曲です。